JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

アンドーヤロケット発射場

シェア

関連情報

分類:宇宙開発機関
名称:アンドーヤロケット発射場 Andoya Rocket Range/ARRESRIN/European Space Research Institute
小分類:打ち上げ射場
国名:ノルウェー
所在地:ノルウェー北部ロフォーテン諸島
設立年月日:1962年

アンドーヤロケット発射場は北緯69度、東経16度と、現在最も北にある打ち上げ射場で、探測ロケットやバルーンの打ち上げ、データ収集、回収などを行なっています。北極圏にあるため、オーロラなどの研究にも適しており、また北極海に広大なインパクトレンジがあるため、これまで70を超える企業や大学のロケット650基以上がここから打ち上げられています。また、1972年からはESA(欧州宇宙機関)の支援を受けています。このほか、北極海のスバーバル群島にも小規模な打ち上げ施設があり、極地研究などを目的に探測ロケットやバルーンの打ち上げ、回収などに使用されています。

1.どのような組織になっているの?
アンドーヤロケット発射場はノルウェー宇宙センター(Norwegian Space Centre)が90%、民間企業のコングスベルグ(Kongsberg Defence & Aerospace)が10%を出資する業で、100%出資の子会社としてNSTR(Nordic Sea Test Range)もあります。また、ノルウェー宇宙センターと共同で新しい研究施設ALOMARを運営しています。

2.地図上ではどの辺にあるの?
ノルウェー北部の港湾都市ナルビクの沖合にあるロフォーテン諸島、その最北部に位置するのがアンドーヤ島です。島には北端の岬から島の東岸にかけて4ヵ所の打ち上げ施設があります。また、スバーバル群島にも、小型探測ロケットしか打ち上げられませんが、SvalRakと呼ばれる打ち上げ施設があります。

3.これまでに打ち上げたロケット人工衛星は?
ロケット:パカストロ(Pacastro)S310(JAXA宇宙科学研究本部)