JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

V-2

シェア

関連情報

分類:ロケット

名称:V-2(A-4)
打ち上げ国名・機関:ドイツ
開発機関・会社:ドイツ陸軍兵器局
運用機関・会社:ドイツ武装親衛隊
打ち上げ場所:北フランス/オランダ等(移動式)
運用開始年:1944年
運用終了年:1945年

V-2は、現在のすべての宇宙ロケットや弾道ミサイルの遠い先祖にあたるミサイル兵器です。ドイツ陸軍の兵器局に所属する、ヴァルター・ドルンベルガー少将とウェルナー・フォン・ブラウン博士らが開発しました。V-2(Vergeltungswaffe Zwei)とは、ナチスが付けた呼び名で、設計名はA-4と言います。
フォン・ブラウン博士らは小型のロケットによる実験の後、1936年からA-4の開発に着手し、1942年6月には試射に漕ぎ着けました。バルト海に面した寒村ペーネミュンデの秘密試験場で行われた最初の試射は爆発して失敗に終り、8月の2回目の試射でも墜落、10月3日の3回目の試射でようやく計画通りの飛行に成功しました。その後も困難な開発が続きましたが、1944年9月6日にはドイツ占領下のベルギーからパリに向けて、V-2の第1弾が打ち込まれました。戦争が終わる2カ月前の1945年3月までに、合計3255発のV-2がイギリスやオランダに向けて発射されています。戦争終結直前にフォン・ブラウンら百人を超えるロケット技術者はA-4の資料と共にアメリカ軍に投降し、戦後はアメリカに渡って市民権を取り、アメリカのミサイルと宇宙ロケットの開発において欠くことの出来ない存在となりました。

1.どんな形をし、どんな性能を持っているの?
A-4は円錐形の胴体に、4枚の大きな尾翼を持ち、底部には推力25トンのロケット・エンジン1基があります。このエンジンには、燃料のエチル・アルコール(燃焼室の冷却のため水を25%混合)と、酸化剤の液体酸素が、過酸化水素の分解ガスで駆動されるターボポンプで加圧して送り込まれます。エンジンのノズルの周囲には、4枚のグラファイト製の噴流舵があって、排気を変向して姿勢を制御します。A-4の全長は14.04m、直径は1.65mで、尾翼の幅は3.56mあり、離床重量は12.9トンになります。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
A-4は移動式の発射台から打ち上げられ、上昇しながら徐々に目標に向けて姿勢を傾け、離床66秒後に速度が1,540m/s、高度28kmに達して、エンジンを停止します。その後A-4は弾道飛行を続け、発射地点から147km離れたところで高度82kmの上昇限度に到達します。この後は下降に転じ、発射地点から290kmはなれた目標地点に約マッハ3で落下します。発射から着弾までは310秒です。

3.どんなものを打ち上げたの?
A-4の頭部には重量1トンの弾頭があり、約0.75トンの高性能炸薬が充填されていました。

4.どのくらい成功しているの?
A-4は、3255発ほどがロンドンやパリ、アムステルダムに落下していますが、どのくらい発射されたのか、正確な数は分かっていません。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
ハーミーズ、R-1があります。