JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

コンター

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査

名称:コンター/Comet Nucleus Tour(CONTOUR)
小分類:彗星・小惑星探査
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:2002年7月3日
打ち上げ国名・機関:アメリカ
打ち上げロケット:デルタII
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地

コンターはNASAが打ち上げた彗星探査衛星です。彗星は地球と同じ46億年前に生まれたと推定され、組成を調べることで昔の地球の姿を知る大きな手がかりになると期待されています。コンターは2003年11月にエンケ彗星、2006年6月にシュワスマン・ワハマン第3彗星に接近し、核やそれを取り巻くガスの成分を観測する予定でしたが、打ち上げ1ヵ月後に通信不能となりました。

1.どんな形をして、どのような性能を持っているの?
直径2m、高さ2mのずんぐりした8角柱のボディに太陽電池パネルを貼り付けています。重量は約970kgです。搭載機器は塵分析機(CIDA)、紫外線撮像機(CFI)、自動画像スペクトル分析機(CRISP)、ガス・イオンスペクトル分析機(NGIMS)などがあります。

2.どんな目的に使用されたの?
彗星の核や彗星の大気成分の分析調査です。彗星は46億年前、地球が生まれたのと同時にできたと推定されるため、地球の初期の組成を残していると考えられます。彗星を調べることで地球誕生の謎に迫ることができます。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
打ち上げから約1ヵ月後の2002年8月に通信不能となりました。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
2003年7月3日の打ち上げ後、8月15日まで地球を周回していました。その後メインエンジンに点火して彗星追跡軌道に入り、2003年11月12日にエンケ彗星、2006年6月19日にシュワスマン・ワハマン第3彗星近傍に接近、さらにほかの彗星にも接近する予定でした。