JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

マリナー3号

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査

Mariner 6
Mariner 6

名称:マリナー3号、マリナー4号マリナー6号マリナー7号マリナー8号マリナー9号/Mariner3、Mariner4、Mariner6、Mariner7、Mariner8、Mariner9
小分類:火星探査
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:マリナー3号:1964年11月5日/マリナー4号:1964年11月28日/マリナー6号:1969年2月24日/マリナー7号:1969年3月27日/マリナー8号:1971年5月8日/マリナー9号:1971年5月30日
運用停止年月日:マリナー3号:1964年11月5日/マリナー4号:1965年10月1日/マリナー6号:1969年7月31日/マリナー7号:1969年8月5日/マリナー8号:1971年5月8日/マリナー9号:1972年10月27日
打ち上げ国名:アメリカ
打ち上げロケット:アトラス・アジェナD(マリナー3〜4号)、アトラス・セントール(マリナー6〜9号)
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地
国際標識番号:マリナー3号:1964073A/マリナー4号:1964077A/マリナー6号:1969014A/マリナー7号:1969030A/マリナー9号:1971051A

マリナー(航海者の意味)4号は、初めて火星を間近から観測した探査機で(マリナー3号は打ち上げに失敗)、表面が月のように多くのクレーターで覆われている火星の画像を送ってきました。また火星にはほとんど磁場がなく、表面の気圧や気温が低いことも分りました。マリナー6号と7号も火星の近くを通りながら、もっと詳しい画像を撮影しました。マリナー8号は打ち上げに失敗しましたが、9号は火星を周回する衛星になって(他の惑星の人工衛星は初めて)、7,629枚にも及ぶ火星表面と衛星フォボスとダイモスの画像を撮影しました。マリナー9号の画像からは、火星がそれまで想像されていたよりもずっと豊かな地形を持ち、気象の変化も激しいことが分りました。火星には巨大な死火山も見られ、かつては豊富な水が存在していたことを思わせる川や湖の跡のような地形さえ発見されました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
八角柱の本体に4枚の太陽電池板を備えています。打ち上げ重量は998kgです。

2.どんな目的に使用されたの?
火星とふたつの衛星の画像撮影と、赤外線・紫外線による観測です。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
火星の地形および気象を観測し、ふたつの衛星のTV画像を送信(合計7629枚)してきました。また、火星表面の気圧が2.8〜8.9mbであることを確認しました。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
直行打ち上げで火星への太陽中心軌道へ。1971年6月4日軌道修正。11月26日火星から2753kmの距離で減速を開始、同日火星の周回軌道に入りました。そして、11月15日に軌道を修正しました。

5.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
マリナー1号マリナー2号マリナー5号マリナー10号があります。