JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ルナ・プロスペクター

シェア

関連情報

月・惑星探査

名称:ルナ・プロスペクター
小分類:月探査
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1998年1月6日
運用停止年月日:1999年7月31日
打ち上げ国名:アメリカ
打ち上げロケット:アジェナII
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍ステーション

ルナ・プロスペクター(「月の探鉱者」という意味)は、アメリカ航空宇宙局(NASA)エクスプローラー49号(1973年)以来、24年ぶりに月に送った無人探査機です。アポロ有人月計画(1968〜72年)で月の岩石をはじめ多くの貴重な資料が集められましたが、それ以降月の探査はおろそかにされてきました。しかし1994年にアメリカ国防省が月に送ったクレメンタイン探査機で、月の南極地域に水(氷)の存在の可能性が明らかにされ、再び月に対する関心が盛り上がってきました。推定によれば、月の極地方の深さ約30cmの地下には将来の月コロニーの建設に十分な2億トン以上の氷が埋もれているということでした。
ルナ・プロスペクターは1998年1月に月上空約100kmで南北極を通る円軌道に乗り、月のマッピングを行いながら、水をはじめ有用な資源がどの程度存在するのかを調べ続けました。その後、1999年7月31日には氷があると考えられている南極近くのクレーターに衝突し、そのとき上がる水蒸気によって氷の存在を確認しようとしましたが、成功はしませんでした。ルナ・プロスペクターには、1997年に亡くなった有名な天文学者のユージン・シューメイカー博士の遺灰も積まれていました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?

直径122cm、高さ137cmの円筒形で、長さ243cmのブームが3本伸びています。ブームの先には、磁力計が取り付けられています。ルナ・プロスペクターには他にも、月の元素の存在比を調べるガンマ線スペクトル計や、地殻活動の様子を調べるアルファ粒子スペクトル計、磁場を調べる電子反射計、中性子スペクトル計が付いています。打ち上げ質量は300kgです。

2.どんな目的に使用されたの?
クレメンタインの探査によって推測された、月の両極地方の浅い地表にある2億トン以上の水の氷の存在を調べることが最大の目的です。月の地質構造、月表面の水などの揮発性物質の分布、磁場、重力場の分布などを、1年以上かけて調べました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
打ち上げ後約105時間で月に到達し、1998年1月16日より月面から約100kmの高度の軌道上で月のマッピング調査などを行いました。1998年12月には高度を40kmまで下げ、より高分解能でマッピングを行っています。最後に1999年7月31日に、月の南極近くの永久に日の当たらない地表面に衝突し、水蒸気の発生を調べました。残念ながら水や氷の存在は確認できませんでしたが、月の地表の詳細な組成分布図などが作成されました。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
パーキング軌道から月軌道に投入され、途中で2回の軌道修正を行った後、打ち上げから105時間後の1998年1月11日に月を南北に周回する軌道に入り、1月15日に高度約100km、傾斜角90度、周期118分の観測軌道に入りました。その後1998年12月19日に軌道高度を40kmまで下げ、1999年1月28日に15×45kmの長楕円軌道に移動しました。1999年7月31日には南緯87.7度、東経42度の南極近くのクレーターに衝突してその使命を終えています。