JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ゾンド2号

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査
名称:ゾンド2号(Zond2)
小分類:火星探査
開発機関・会社:ソ連
運用機関・会社:ソ連
打ち上げ年月日:1964年11月30日
運用停止年月日:1965年4月
打ち上げ国名:ソ連
打ち上げロケット:ソユーズA-2-e
打ち上げ場所:バイコヌール宇宙基地

ゾンド(探測器の意味)2号は、火星1号が失敗した翌々年に打ち上げられた火星探査機ですが、やはり打ち上げから半年ほどした1965年4月に地球との交信が途絶えてしまいました。ゾンド2号自体は誘導には成功して、1965年8月には火星に約1,500kmまで近づきましたが、なんのデータももたらしませんでした。ソ連がこの頃打ち上げた火星探査機は、すべて失敗に終っています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
円筒形に2枚の太陽電池板。打ち上げ重量は約1,150kg。

2.どんな目的に使用されたの?
火星の接近観測と着陸カプセルを送るために打ち上げられました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
1965年4月火星接近を前にして通信が途絶えました。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
パーキング軌道から火星への太陽中心軌道へ。1965年8月8日火星の約1,500km近傍を通過しました。

5.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
ゾンド1号、ゾンド3号、金星3号があります。