JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

若田光一

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前:若田光一(Koichi Wakata)
性別:男
国名:日本
生年:1963年(埼玉県さいたま市)
所属宇宙機関:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
飛行実績:スペースシャトル(STS-72/エンデバー号)(STS-92/ディスカバリー号)(STS‐119/ディスカバリー号)(STS-127/エンデバー号)

1989年、九州大学大学院工学研究科修士課程を修了し、日本航空株式会社に入社しました。2004年には工学博士号を取得しています。

1992年、宇宙開発事業団(現JAXA)が募集した宇宙飛行士の候補者に選ばれ、1993年8月に日本人として初めてNASAミッションスペシャリスト(MS/搭乗運用技術者)に認定されました。

1996年1月11日に打ち上げられたスペースシャトルSTS-72で、日本人のミッションスペシャリストとして初飛行しました。このミッションではスペースシャトルのロボットアームを操作し、日本の衛星の宇宙実験・観測フリーフライヤ(SFU)の回収、NASAの衛星(OAST-FLYER)の放出と回収、国際宇宙ステーション(ISS)組み立て用の船外活動関連機器の試験などを行いました。

2000年10月11日、スペースシャトル100回目の飛行となったSTS-92(ISS組み立てミッション3A)に搭乗し、ロボットアームを使って日本人として初めてISSの組み立てを担当しました。
ロボットアームの操作において高い技術を持ち、同年12月からNASAロボティックス教官宇宙飛行士を務めています。

2006年7月には第10回NASA極限環境ミッション運用(NEEMO)訓練にコマンダー(リーダー)として参加するなど、宇宙での長期滞在に向けた訓練を続けてきました。ISS第18次/第19次/第20次長期滞在クルーとして、2009年2月に打ち上げられたスペースシャトルSTS-119(ISS組み立てミッション15A)で飛行し、日本人として初めてISSに長期滞在しました。フライトエンジニアとして約4ヵ月の滞在期間中、「きぼう」日本実験棟の船内実験室での実験や機能の点検などを担当しました。

2009年7月に打ち上げられたスペースシャトルSTS-127(ISS組み立てミッション2J/A)で運ばれた、「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームや船外パレットの取り付けを行い、STS-127で帰還しました。ISSに滞在中に、宇宙で使われている4種類のロボットアーム(スペースシャトルISSのカナダアーム、デクスター、「きぼう」のロボットアーム)すべてを操作しました。宇宙滞在時間は、159日10時間46分5秒となりました。

2010年4月から2012年8月までJAXA宇宙飛行士グループ長を務めました。

2013年11月から2014年5月まで、第38次/第39次長期滞在クルーとしてISSに約188日間滞在。2013年3月9日からの第39次長期滞在では、日本人初となるISS船長(コマンダー)に就任しました。また、この長期滞在で、宇宙での滞在時間が347日08時間33分となり、日本人最長となりました。

2015年1月から2015年9月には、NASA宇宙飛行士室におけるISS宇宙機担当リード・キャプコム(国際宇宙ステーションとの交信主任)として宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機の運用をヒューストンの運用管制室で支援しました。リードキャプコムを日本人が務めるのは初めてのことです。

2015年9月から2016年3月まで、NASA宇宙飛行士室ペイロード部門主任を担当しました。

2016年4月から、JAXA有人宇宙技術センター長に就任するとともに、JAXA国際宇宙ステーションプログラムマネージャを務めています。宇宙飛行士ISSプログラムマネージャを担当するのはISS参加国の中でも初めてです。

2017年1月11日更新