JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

うさぎ座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:うさぎ座(兎座)
学名:Lepus
小分類:南半球
構成する主な星雲、星団、恒星:M79(NGC1904=球状星団)/アルネブ(アルファ星)/ニハル(ベータ星)
神話の主な登場人物:オリオン
日本で観測できる時期:12月~4月の約5ヵ月間
見ごろの季節:冬(20時正中は2月上旬)

冬の南の空低くオリオン座の下に、かわいらしい姿を見せている星座です。うずくまるウサギを表し、形がまとまっているので、3等星と4等星ばかりなのに見つけやすいのが特徴です。神話では、オリオンの猟犬(おおいぬ座)に追われるウサギとされています。望遠鏡で観測すると、星座の真ん中あたりに球状星団M79を見つけることができます。うさぎ座をよく知るためのアラカルト

1.見つけ方のポイント
冬の北の空を見ると、オリオン座の南に4個の3等星が四角形を作っているのが見つかります。それがうさぎ座の胴体で、その四角形の右上から、2つの長い耳が出ており、左下から後ろ足が出ています。それほど明るくはありませんが、見つけやすい星座です。

2.神話の内容について
巨人オリオンの足元を逃げ回り、おおいぬ座こいぬ座の猟犬たちに追われるうさぎをかたどったものだとされています。起源ははっきりとはしませんが、紀元前3世紀のギリシャの詩人アラトスの星座詩の中に、すでにうたわれています。

3.同じ時期に見える星座について
冬の南の空の星座と一緒に見ることができます。オリオン座のすぐ南にある星座で、東のおおいぬ座いっかくじゅう座こいぬ座、西のおうし座エリダヌス座、南のはと座とも座などと一緒に見ることができます。

4.主要都市での観測について
日本全国で良好に観測することができます。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)