JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

てんびん座

シェア

関連情報

「く」の字を裏返したような形が目印の暗い星座

日本では夏の南南東の夜空に輝く星座です。おとめ座さそり座の間にあり、3つの3等星が「く」の字を裏返したような形で並んでいます。ギリシャ時代には、さそり座が爪で支えている天秤、あるいは正義の女神アストレアがもっている善悪をはかる天秤だといわれていました。また、2000年以上前には秋分点がこの星座にあり、太陽がそこにくると昼と夜の長さがちょうど同じになったので、この名がつけられたともいわれています。

人間の善悪をはかる正義の守護神アストレアの天秤

正義の女神アストレアは、2人の人間が争っているとき、天秤を使って善悪をはかりました。ひとりずつ天秤にのせ、どんなに理屈のとおったことを言っていても、悪い人は秤が下がり、正しい人は上がります。こうして、アストレアは人間たちが武器をつくって争うようになった銀の時代、銅の時代に、正義を守っていました。しかし、鉄の時代に入り、人間たちは集団で武器を使い、国と国で争うようになりました。こうなると、さすがのアストレアもどうすることもできず、天上にのぼって星座(おとめ座)になってしまったといいます。そのとき、愛用した天秤が、おとめ座の足元にあるてんびん座です。