JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

洗顔・入浴

シェア

関連情報

無重力では水が流れないため、手洗いやうがいはムリ

無重力状態では水が流れないので、地上のように蛇口の下に手を出して手を洗うことはできません。そのため、シャトルに洗面台はありません。手や顔の汚れを取りたいときには、アルコールでぬぐうか、洗剤を含ませた濡れタオルでふくしかないわけです。歯をみがくときも同様です。歯みがき粉で歯をみがくのは地上と同じですが、うがいをしてその水を吐き出すわけにはいきませんから、そのまま飲み込んでしまうか、口から出してタオルでぬぐうかしてしまいます。

スペースシャトルにはシャワーも風呂もない。タオルやドライシャンプーで代用

スペースシャトル内での入浴はどうしているのでしょうか?まずシャンプーは、泡が周囲に飛び散らないように、泡が出にくいドライシャンプーを使います。そして、洗い終わったあとは、乾いたタオルでふき取っておしまいです。また、顔やからだの汚れは、洗剤のついたタオルでふくだけです。いまのシャトル・ミッションの期間は、長くても約2週間ですから、これでなんとかしのぐことができるのです。

長期滞在の宇宙ステーションではシャワーが必要

1974年のスカイラブ計画では、機内でシャワーを浴びることができました。直径90cmの円筒型のシャワールームにゴーグルをかけて入り、ホースから直接からだに水を吹きかけ、余分な水をファンで吸引するというものです。終わったあと約1時間かけて中の水滴を全部ふき取る手間を考えると、かならずしも快適とはいえなかったようです。また、ロシアの宇宙ステーション「ミール」にも、天井からお湯が出るタイプのシャワーがついています。将来の国際宇宙ステーションにも、宇宙飛行士の滞在期間が長いため、きっとシャワーが設置されることになるのでしょう。