JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ルナ

シェア

関連情報

分類:惑星探査

Luna 3
Luna 3

名称:ルナ1~24号
小分類:月探査
開発機関・会社:ソ連
運用機関・会社:ソ連
打ち上げ年月日:ルナ1号(1959年1月2日)/ルナ2号(1959年9月12日)/ルナ3号(1959年10月4日)/ルナ4号(1963年4月2日)/ルナ5号(1965年5月9日)/ルナ6号(1965年6月8日)/ルナ7号(1965年10月4日)/ルナ8号(1965年12月3日)/ルナ9号(1966年1月31日)/ルナ10号(1966年3月31日)/ルナ11号(1966年8月24日)/ルナ12号(1966年10月22日)/ルナ13号(1966年12月21日)/ルナ14号(1968年4月7日)/ルナ15号(1969年7月13日)/ルナ16号(1970年9月12日)/ルナ17号(1970年11月10日)/ルナ18号(1971年9月2日)/ルナ19号(1971年9月28日)/ルナ20号(1972年2月14日)/ルナ21号(1973年1月8日)/ルナ22号(1974年5月29日)/ルナ23号(1974年10月28日)/ルナ24号(1976年8月9日)
運用停止年月日:ルナ2号(1959年9月14日)/ルナ3号(1960年4月20日)/ルナ5号(1965年5月12日)/ルナ6号(1965年6月9日)/ルナ7号(1965年10月7日)/ルナ8号(1965年12月6日)/ルナ9号(1966年2月6日)/ルナ10号(1966年5月30日)/ルナ11号(1966年10月1日)/ルナ12号(1967年1月19日)/ルナ13号(1966年12月22日)/ルナ14号(月軌道周回中)/ルナ15号(1969年7月21日)/ルナ16号(1970年9月24日)/ルナ17号(1971年10月4日)/ルナ18号(1971年9月11日)/ルナ19号(月軌道周回中)/ルナ20号(1972年2月25日)/ルナ21号(1973年5月)/ルナ22号(1975年9月2日日)/ルナ23号(1974年11月6日)/ルナ24号(1976年8月22日)
打ち上げ国名:ソ連
打ち上げロケット:ルナ1号〜3号・A-1/ルナ4号〜14号・A-2-e/ルナ15号〜24号・D-1-e(プロトン)
打ち上げ場所:バイコヌール宇宙基地(チュラタム射場)

ルナ(ロシア語で月のこと)は、ソ連が月に送った探査機のシリーズの名前です。ルナ1号は初めて地球外の宇宙空間に飛び出した探査機で、月から6,000kmのところを通過して、太陽を回る軌道に入りました(最初の人工惑星)。ルナ2号は月に命中、人類史上初めて他の天体に到達した人工物体となりました。ルナ3号は、地球からは見ることのできない、月の裏側の写真を撮影して電送してきました。ルナ4号と6号は月面に観測装置を降ろすことを意図していましたが月を外れ、5号、7号、8号はいずれも減速に失敗して月面に激突。ルナ9号がようやく、どんぐり型のカプセルを月面に半軟着陸させるのに成功、月面のパノラマ写真を送信してきました。ルナ10号は月の衛星軌道に入り、初めて地球の孫衛星となりました。ルナ11号、12号、14号も月衛星になり、13号は着陸に成功しました。
ルナ15号は、アポロ11号の月着陸の直前に無人で月の土壌を持ち帰ろうとして失敗しました。しかしルナ16号は月の豊かの海に着陸、遠隔操作でカプセルに月の土壌標本100gを積んでから月を離陸、地球に持ち帰るのに成功しました。ルナ17号は、8輪の無人月面車ルノホート1号を月面に降ろし、ルノホート1号は月面を調査しながら10km走り回りました。ルナ18号は着陸を試みて失敗、ルナ19号、22号は月衛星です。ルナ20号は50gの標本を持ち帰りました。また、ルナ21号はルノホート2号を降ろし、ルナ23号は月に降りましたが標本採取に失敗、ルナ24号は170gの標本を持ち帰るのに成功しました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
ルナ1号:直径1.2mの球形。重量は390kgです。

2.どんな目的に使用されたの?
ルナ1号:月および月と地球の間の空間の磁場、放射線、微小隕石の観測です。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
ルナ1号:月に磁場と放射線帯が存在しないことを確認しました。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
ルナ1号:直行軌道で月へ。月面到達を意図しましたが、月から5,955kmを通過。太陽周回軌道に入り、最初の人工惑星となりました。