JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ルナ・オービタ

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査

名称:ルナ・オービタ1〜5号
小分類:月探査
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:ルナ・オービタ1号(1966年8月10日)/ルナ・オービタ2号(1966年11月6日)/ルナ・オービタ3号(1967年2月5日)/ルナ・オービタ4号(1967年5月4日)/ルナ・オービタ5号(1967年8月1日
運用停止年月日:ルナ・オービタ4号(1967年10月6日)/ルナ・オービタ1号(1966年10月29日)/ルナ・オービタ2号(1967年10月11日)/ルナ・オービタ3号(1967年10月9日)/ルナ・オービタ5号(1968年1月31日)
打ち上げ国名:アメリカ
打ち上げロケット:アトラス・アジェナD
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地

ルナ・オービタ(月周回衛星)のシリーズは、月の詳しい地図を作るために月の表面写真を撮影した探査機です。ルナ・オービタは、月の衛星軌道に入ってから、望遠と広角のふたつのカメラで月の表面を撮影しました。フィルムは探査機の中で現像されてから、電気信号に変えられて地球に送信されました。ルナ・オービタの撮影した写真は、アポロ計画で着陸地点を決めるのに役立てられました。5機のルナ・オービタはいずれも成功し、月表面の99%を写真に納めることができました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
ルナ・オービタ1号:円錐台形に4枚の太陽電池板、直径0.9mの高利得Sバンド・アンテナが取り付けられています。高さ1.6m、太陽電池板を含めて幅5.2m。打ち上げ時の重量387kg。月軌道投入用の二液式ロケット・モーター(推力445N)1基。焦点距離80mmと610mmの70mmフィルム・カメラを搭載していました。

2.どんな目的に使用されたの?
月面の写真撮影です。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
高解像度の、月面の地形写真の撮影に成功しました。また、月の重力異常(マスコン)を発見しました。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
ルナ・オービタ1号:高度160kmのパーキング軌道から、アジェナの再点火で月軌道へ。1966年8月14日に790m/sの減速で、高度191×1854kmの月周回軌道に入りました。任務終了後は逆ロケットで月面に衝突させました。