JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

やまねこ座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:やまねこ座(山猫座)
学名:Lynx
小分類:北半球
構成する主な星雲、星団、恒星:NGC2419(球状星団)
神話の主な登場人物:−
日本で観測できる時期:11月~7月の約9ヵ月間
見ごろの季節:春(20時正中は3月中旬)

春の北の空、おおぐま座ふたご座にはさまれている、細長い星座です。17世紀にそれまで星座のなかった領域に作られたもので、見つけやすいとはいえません。望遠鏡を向けてみると、星座の中ほどあたりに、球状星団が見つかります。この星団は地球から約20万光年離れていて、球状星団の中では最も遠いもののひとつです。

1.見つけ方のポイント
春の北の空を見ると、北斗七星のひしゃくの端と、ふたご座の2つ星ポルックスとカストルのちょうど中間あたりに、ジグザグの星の並びがあります。これがやまねこ座です。3等星と4等星ばかりである上、並び方にも特徴がないので、見つけにくい星座です。

2.神話の内容について
17世紀のポーランドの天文学者、ヨハンネス・ヘヴェリウスによって作られたもので、神話とは関係ありません。命名された当初は「山猫、または虎」という名前で、あいまいでした。さらにヘヴェリウスは「ここに山猫の姿を見出すのは山猫のような鋭い目の持ち主でないと不可能であろう」などという言葉も残しています。

3.同じ時期に見える星座について
春の北の空に見え、3月中旬には天頂近くまで昇ります。よって、おおぐま座こじし座こぐま座りょうけん座などの北の空をめぐる星座と一緒に見えます。また、西にはぎょしゃ座ペルセウス座、南にはふたご座かに座などを見ることができます。

4.主要都市での観測について
日本全国で見ることができますが、どれと言い当てるのは難しいでしょう。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)