JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

こと座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:こと座(琴座)
学名:Lyra
小分類:北半球
構成する主な星雲、星団、恒星:M57(ドーナツ状の惑星状星雲)/ベガ(アルファ星)/ダブル・ダブルスター(肉眼では単一の星だが双眼鏡で見ると二重星、望遠鏡で見るとそのそれぞれが2重星に見える)
神話の主な登場人物:オルフェウス/エウリデュケ/アポロン/織り姫/牽牛/天帝
日本で観測できる時期:4月~11月の約8ヵ月間
見ごろの季節:夏 (20時正中は8月下旬)

青白く輝く一等星ベガが目印の美しい星座です。ベガを中心にした三角形と、それに連なる平行四辺形からなり、明るいうえとても分かりやすい形をしています。ベガは中国や日本においては「織姫星」と呼ばれ、天の川の反対側にあるわし座の「彦星」アルタイルとともに七夕伝説の主役をになっています。

1.見つけ方のポイント
夏の天の川に横たわる白鳥座の十字形を見つけたら、鳥の尾にあたる1等星デネブから右翼の方へ視線を伸ばしてみましょう。青白い1等星ベガを簡単に見つけることができるはずです。ベガを三角形の頂点にし、平行四辺形をくっつけた小さな星座がこと座です。また、白鳥座をはさんだ天の川の向こう側に赤い1等星アルタイル(わし座)が見えます。このアルタイルベガデネブが作る2等辺3角形は「夏の大三角」と呼ばれています。

2.神話の内容について
ギリシャ神話によると、この竪琴は音楽の神アポロンが名手オルフェウスに贈ったものだと言われています。不慮の死で妻エウリディケを失ったオルフェウスは、冥界へ妻を取り戻しに行きますが、あと一歩のところで失敗し、嘆きのあまり死んでしまいました。哀れに思ったアポロンは、竪琴を天上に上げて星座にしました。
中国古来の神話では、こと座の一等星ベガは天上の織り姫、わし座の一等星アルタイルは人間の牽牛で、道ならぬ恋に落ちたことから天帝の怒りに触れ、天の川で分かたれてしまいました。会えるのは7月7日の年に1度だけで、その日だけは天の川にかささぎの橋(白鳥座)がかかると言われています。

3.同じ時期に見える星座について
こと座の近くは天の川をまたぐにぎやかな星空です。こと座のベガわし座アルタイル、白鳥座のデネブの3個の一等星を結ぶ「夏の大三角」をヘルクレス座へびつかい座やぎ座などがとり囲みます。また大三角周辺には小さいながら、や座いるか座こぎつね座なども存在しています。

※参考文献:誠文堂新光社「星座クラブ」(著者・沼澤茂美)、日本放送出版協会「NHK銀河宇宙オデッセイ・大星夜ウオッチング」(監修・古在由秀、NHK取材班編)、ナツメ社「星空ガイド」(著者・沼澤茂美、脇屋奈々代)、教育社「NEWTONコレクションNASA宇宙開発のパイオニアスペースシャトル/歴史と未来」(監修・竹内均)