JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

月と人類のかかわり

シェア

関連情報

物語として、観測対象として古来から人類と密接にかかわってきた

は、これまで人類の生活や文化と密接にかかわりあってきた天体の1つです。満月にほえるおおかみ男やかぐや姫など、言い伝えや物語でも、は重要な背景となっています。の満ち欠けをもとにつくられた暦は、いまでも地球上のいろいろな地域で使われています。観測対象としても、古来から科学者たちを刺激し、エジプトやギリシアの古代文明の天文学者たちをはじめ、ガリレオやニュートンなど、多くの学者がの運動を計算しては観察し、を論じてきたのです。

の起源

の起源には、「分裂説」「兄弟説」「捕獲説」「巨大衝突説」の4つの説があります。誕生初期の地球のマントルがちぎれてができた、とするのが「分裂説」。ガスやちりが集積して地球ができたとき、同時に生まれたというのが「兄弟説」です。「捕獲説」は、太陽系の中でつくられた天体が地球の近くを通りかかり、地球の重力に捕らえられたという説。また最近注目有力視されているのが、原始地球に他の天体が衝突して、その衝撃で放出されたマントルがになったという「巨大衝突説」です。

の表面には、利用価値の高い100種類の鉱物

過去のアポロ計画で持ち帰った「月の石」は、世界中の研究者たちに配られ、さまざまな分析が行われました。アポロが持ち帰った岩石を分析した結果、の表面に存在する鉱物は約100種類であることがわかりました。地球 上には2000種類以上の鉱物があるのと比べれば、その数は非常に少ないといえます。しかし、この中には利用できるものが多数あります。の表面に多く見られるのは玄武岩で、粉末にして加熱するとレンガをつくることができます。チタンと鉄が結合して酸化したイルメナイトという鉱物も多くあり、還元して分離すれば、2種類の鉱物(チタンと鉄)と酸素が得られるわけです。そのほか、鉄やガラスの原料、アルミニウム、マグネシウム、カルシウム、シリコン、クロムなどが存在します。これら鉱物は採掘してそのまますぐと利用できるわけではありませんが、初期の月面基地建設の構造材として使用するのは十分可能とみられています。

アポロ12号がもち帰った月の石
アポロ12号がもち帰った月の石
The Moon rock brought back to Earth by Apollo 12 Project astronauts.
The Moon rock brought back to Earth by Apollo 12 Project astronauts.

エネルギー源として有望なヘリウム3

エネルギー源として月面は、さらに有望です。月表面に大量に存在することがわかったヘリウム3は、高効率の発電システムである核融合炉の燃料になります。このヘリウム3は、自然な状態では地球上に存在しませんが、太陽風が数十億年も降りそそいだ月面には、その環境のちがいから100万tもあるといわれています。1万トンあれば21世紀の全人類の電気エネルギーがまかなえるともいわれているヘリウム3。の実効的な利用は、資源不足やエネルギー不足に悩む現在の地球人類にとって、きわめて有望な解決策のひとつなのです。