JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

マーズ・エクスプレス

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査

名称:マーズ・エクスプレス(Mars Express)
小分類:火星探査
開発機関・会社:欧州宇宙機関(ESA)
運用機関・会社:欧州宇宙機関(ESA)
打ち上げ年月日:2003年6月
打ち上げ国名:欧州/欧州宇宙機関(ESA)
打ち上げロケット:ソユーズ
打ち上げ場所:カザフスタン・バイコヌール空軍基地

マーズ・エクスプレス欧州宇宙機関(ESA)火星探査機です。 この探査機は火星軌道を周回するオービタとイギリスが開発した着陸機「ビーグル2」からなり、2003年6月にロシアから打ち上げられ、同年12月に火星に到着して探査を開始しました。 ビーグル2はイギリスが開発した初めての火星探査機で、「進化論」を唱えたイギリスの生物学者チャールズ・ダーウィンの調査船の名前にちなんで名付けられました。 マーズ・エクスプレスの目的は、オービタによって軌道上から火星地表面を画像撮影し、10m単位の火星地形図を作ることと、100m単位の鉱物分布図を作ること。 さらにビーグル2はロボットアームを持ち、「もぐら」と呼ばれる掘削機で火星地表下の地質サンプルを採集して、組成を調べたり生命の痕跡を探ることを目的としていました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
軌道を周回するオービタは、幅1.5m、長さ1.8m、高さ1.4mで、アルミニウム膜に覆われた直方体をしており、2枚の太陽電池パネルを備えています。 重量は555kgです。 着陸する「ビーグル2」は、重さ約60kgの浅い円盤型をしており、エアクッションを使って火星地上に到着すると蓋が開き、4枚の太陽電池パネルを拡げます。 ビーグル2は先端に掘削丘もぐら」の付いたロボットアームを持ち、土質サンプルを採集できるほか、ガスクロマトグラフ、質量分析計、X線分光計やカメラ、顕微鏡などを備えています。

2.どんな目的に使用されたの?
火星にビーグル2で軟着陸し、火星の生命の痕跡を調査します。 また、オービタで火星の詳細な地形図や鉱物分布図を作成したり、大気組成を調べたりします。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
2003年6月にロシアのバイコヌール空軍基地から打ち上げられ、12月に火星に到着しました。2003年12月24日にビーグル2は周回機から切り離され、火星地表へ降下していきましたが、その途中に行方不明となり、着陸は失敗しました。周回機は2004年1月末より探査を開始しました。南極の極冠に水の氷を確認したり、火星大気中にメタンを観測するなど、興味深い発見が相次いでいます。観測期間は2005年12月から23ヵ月間延長されることが決まっています。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
2003年6月に打ち上げられ、12月に火星軌道に到着、オービタは250km×15万kmの超長楕円軌道に乗って火星を約440日間周回します。 着陸機「ビーグル2」は、火星軌道到着5日前に火星大気中に投入されてパラシュート降下し、高度1kmからエアバッグを使って軟着陸します。

5.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
金星探査を行う「ビーナス・エクスプレス」があります。