JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

マーズ・オブザーバー

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査

名称:マーズ・オブザーバー/Mars Observer
小分類:火星探査
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1992年9月25日
運用停止年月日:1993年8月22日
打ち上げ国名:アメリカ
打ち上げロケット:タイタンIII/TOS
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地
国際標識番号:1992063A

マーズ・オブザーバー(火星の観察者)は、バイキング計画から実に17年ぶりにアメリカ航空宇宙局(NASA)が打ち上げた火星探査機でしたが、火星周回軌道に入る直前に地球との交信が突然途絶えて、行方不明になってしまいました。原因は不明ですが、推進システムの配管から酸化剤がもれた、ロケット点火の際に爆発が起きた、電子回路に欠陥があったなど、さまざまに推測されています。マーズ・オブザーバーは、火星を回る軌道から表面の地形を撮影し、気象を観測する予定でした。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
マーズ・オブザーバーはマーティン・マリエッタ社のサットコムK通信衛星のバスを流用したものです。本体は箱型。打ち上げ重量は2,565kg。

2.どんな目的に使用されたの?
火星周回軌道からの地形、気象観測をおこなう予定でした。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
火星周回軌道投入直前に交信が途絶しました。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
パーキング軌道からTOS固体上段点火で火星への太陽中心軌道へ。1993年8月22日、火星周回軌道投入のためのエンジン点火を2日後に控えて消息を絶ちました。