JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

益川敏英

シェア

関連情報

日本の物理学者、益川敏英(1940年 愛知県名古屋市生まれ)は、2008年に小林誠と共にノーベル物理学賞を受賞しました。

受賞理由は「CP対称性の破れの起源の発見」でした。1964年に素粒子の一種である中性K中間子が奇妙なふるまいを見せることが発見されました。そのふるまいは「CP対称性の破れ」と呼ばれるもので、このふるまいを説明できる理論は当時まだ存在せず、研究者の間に衝撃を与えました。1973年、小林誠と益川敏英の両名は協力して研究し、画期的な新しい理論「小林・益川理論」を発表しました。この理論は、素粒子の一種であるクォークが6種類以上存在するならばCP対称性の破れを説明することが可能である、という理論でした。当時は、クォークはまだ3種類しか発見されておらず、小林・益川の理論は非常に先進的なものでした。その後、様々な実験による検証が行われた結果、未発見のクォークが次々と検出され、クォークは6種類あることが確かめられました。そして、CP対称性の破れについても小林・益川理論によって完全に説明できることが確かめられました。

益川と小林の共同研究において、益川は理論の発想を膨らませることに専念し、小林は主に理論の検証を行ったとされています。

現在でも、益川は量子重力理論ならびに時空理論、素粒子論、場の理論、ゲージ理論などについて研究を続けています。