JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

つばさ

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:民生部品・コンポーネント実証衛星「つばさ」(MDS-1)
小分類:ミッション実証衛星
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
打ち上げ年月日:2002年2月4日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:H-IIA
打ち上げ場所:種子島宇宙センター

つばさは、民生部品・コンポーネント実証衛星と呼ばれる衛星です。この衛星は、民間で使われている高性能で新しい部品を衛星に搭載して打ち上げ、実際に宇宙空間で使えるかどうかを確認するためのものです。これまで衛星に使われている部品は、故障しないよう性能はやや古くても信頼性が高い高価なものでした。 しかし今後の宇宙開発では、コストダウンと開発のスピードアップが必要です。そこで民間の電子機器などでも使われている一般的な部品をテストして、短時間で安くて高性能な衛星や宇宙機器を作るための参考にします。つばさでは、宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))以外の専門家からも広く意見を採り入れながら機器が開発されました。つばさは、1年間の予定でバンアレン帯と呼ばれる放射能の強い空間を飛び、静止衛星10年分の耐放射線データを収集します。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
1辺1.2mの四角い本体の両脇に、展開時の長さ約3.3mの2枚の太陽電池パドルを持っています。総重量は480kg(打ち上げ時)で、姿勢制御は毎分5回転のスピン安定方式を採用しています。つばさには、民間の部品を使用した実験装置として、民生半導体部品実験装置(CSD)、地上用太陽電池実験装置(TSC)、CPV型バッテリ実験装置(CPV)、半導体レコーダ実験装置(SSR)、並列計算機システム実験装置(PCS)が搭載されています。 また、計測装置として、放射線吸収線量モニタ(SDOM)、積算吸収線量計(DOS)、重イオン観測装置(HIT)、磁力計(MAM)が搭載されています。 設計寿命は約1年です。

2.どんな目的に使用されるの?
民間で開発された部品や機材(たとえば地上用太陽電池など)を利用した実験装置を使い、宇宙空間で実用に耐えるかどうかテストし、運用データを収集するのが目的です。 民生部品を活用することで、今後コストが安く高性能な人工衛星を短期間で作れるよう、データを蓄積します。 そのためつばさは、強い放射線を受けるバンアレン帯を横切る軌道を通過します。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
2002年2月4日に種子島宇宙センターからH-IIAロケットによって打ち上げらました。10日間の初期運用中に機器チェックなどを行い、その後定常運用段階に移行しました。 軌道上では、予定されていた民生用部品の軌道上評価、コンポーネント技術の確認を行いました。また、宇宙環境の計測も実施しています。
当初、ミッションは1年の予定でしたが、衛星の運用が順調なことから期間が延長されました。また、1年8ヵ月にわたる運用ののち、2003年9月27日宇宙環境の計測名を終了しました。

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
光センサの実験を行うための、ライダー実証衛星(MDS-2)が計画されていましたが、開発中止となりました。

5.どのように地球を回るの?
静止トランスフゼ軌道と呼ばれる高度約500~36,000km、軌道傾斜角28.5度の非常に細長い長楕円軌道を約10時間35分で1周します。