JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

マーキュリー6号

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行

名称:マーキュリー6号/フレンドシップ7(Mercury6/Friendship7)
小分類:マーキュリー計画
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1962年2月20日
帰還年月日:1962年2月20日
打ち上げロケット:アトラス−109D
宇宙飛行士:ジョン・H・グレン
飛行時間:4時間56分

有人宇宙飛行の競争で、ソ連のボストーク2号が初の地球周回飛行に成功し、先を越されたNASAはアメリカ人にも地球の軌道上を周回飛行させようと計画しました。マーキュリー6号は、宇宙船を軌道に乗せるための十分な大推力をエンジンに持たせるため、大陸間弾道ロケットアトラス」に改良をくわえたものです。
このマーキュリー6号に乗りこんで、アメリカ人として初めての地球周回飛行を行ったのが、ジョン・グレン宇宙飛行士です。彼は地球を3周しました。
大気圏再突入のときに、宇宙船の耐熱保護膜がはずれそうになるというトラブルが起きましたが、管制センターの指示でジョン・グレンは手動操作を行ない、無事に地球へ帰ることができ、カリフォルニア沖合に着水して駆逐艦ノアに回収されました。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能を持っているの?
マーキュリー宇宙船(フレンドシップ7)は円錐形のカプセルで、全長7.9m(非常脱出ロケットをふくむ)、底辺の直径1.9m、打ち上げ重量1.93t。チタン製の外殻でおおわれていました。

2.ロケットはどんな形をして、どのような性能を持っているの?
アトラス−109Dは、3基の主エンジンと2基の補助エンジン、逆推進ロケット6基がついていました。全長29m、直径3.1m、打ち上げ重量は118tです。

3.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
3基の主エンジンと2基の補助エンジンで打ち上げられ、発射後に主エンジンのうち2基が切り離されました。高度160km以上に達した時点で燃料がつきてエンジンが停止すると、3基の逆推進ロケットが噴射して宇宙船はブースタロケットから離れました。大気圏再突入のときには逆推進ロケットの残り3基が5秒間隔で発火して宇宙船の飛行速度を減速させました。

4.宇宙飛行の目的は?
乗組員にアメリカ人として初めての地球周回飛行をさせることです。

5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果をおさめたの?
地球の軌道上を3周して、アメリカ人として初めての地球周回飛行に成功しました。

※参考文献:アラン・シェパード,ディーク・スレイトン著/ムーンショット(集英社)、竹内均・監修/Newton Collction II 宇宙開発(教育社)、松井孝典・著/宇宙誌(徳間書店)