JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

マイケル・A・ベーカー

シェア

関連情報

分類:宇宙飛行士

名前::マイケル・A・ベーカー(Michael A.Baker)
性別:男
国名:アメリカ
生年月日:1953年10月27日(テネシー州メンフィス)
所属機関:アメリカ航空宇宙局(NASA)
飛行実績:スペースシャトル計画(STS-43/アトランティス号)(STS-52/コロンビア号)(STS-68/エンデバー号)(STS-81/アトランティス号)

ベーカーはスペースシャトルの船長を2度つとめたベテラン宇宙飛行士です。
彼は1975年にテキサス大学の航空工学科を卒業、アメリカ海軍に入隊してパイロット訓練を受けて高い評価を得ました。1982年には海軍テストパイロット学校を卒業し、空母からの戦闘機のカタパルト発射テストなどを行っています。1983年には海軍テストパイロット学校の教官となり、将校交換でイギリスの帝国テストパイロット学校などでも飛行技術を教えました。
NASAに選ばれたのは1985年6月で、1年の訓練の後、1986年7月に宇宙飛行士になりました。地上勤務ではチャレンジャー号の爆発事故後に、シャトルの着陸に関する設計変更や改良に関わったり、地上局でのシャトルとの交信担当(CAPCOM)などを行っています。さらに1995年10月からは、ロシアのスターシティにあるガガーリン宇宙飛行士訓練センターなどで、NASA側の実行責任者として、アメリカとロシアの共同プロジェクトに関する訓練や技術提携作業を行っています。この仕事は今後の国際宇宙ステーションの運用に大きく役立つでしょう。
素顔の彼は2人の子どもの父親で、テニスやハイキングを趣味にしています。

1.同じロケット、衛星に乗った宇宙飛行士はいるの?
STS-43(アトランティス号、1991年8月2日打ち上げ)では、ジョン・E・ブラハ、ジェームズ・C・アダムソン、G・デビッド・ロウ、シャノン・W・ルシッドと同乗しました。
STS-52(コロンビア号、1992年10月22日打ち上げ)では、ジェームズ・D・ウェザビー、チャールズ・レーシー・ビーチ、タマラ・E・ジャーニガン、ウィリアム・M・シェパード、スティーブン・A・マクリーンと同乗しました。
STS-68(エンデバー号、1994年10月11日打ち上げ)では、テレンス・W・ウィルカット、トーマス・D・ジョーンズ、ダニエル・W・バーシュ、ペーター・J・K・ウィソフ、スティーブン・L・スミスと同乗しました。
STS-81(アトランティス号、1997年1月12日打ち上げ)では、ブレント・W・ジェット、ジョン・M・グルンスフェルド、マーシャ・S・イビンス、ピーター・J・K・ウィソフ、ジェリー・M・リネンガー、ジョン・E・ブラハと同乗しました。

2.宇宙でどのようなことをおこない、どんなことに成功しているの?
STS-43(アトランティス号)では、データ中継衛星(TDRS-E)の射出が行われた他、物理学や材料学、またライフ・サイエンス関係の32の実験が行われました。ベーカーはパイロットとしてシャトルの操縦を行いました。
STS-52(コロンビア号)では、イタリアとアメリカが共同製作したレーザー地球力学衛星(LAGEOS)の放出や、微小重力下での各種実験機材の操作、カナダの宇宙映像システム(SVS)の飛行テストなどが行われました。ベーカーはパイロットとしてシャトルの操縦を行いました。
STS-68(エンデバー号)は、宇宙レーダー実験室(SRL-2)が積み込まれました。このミッションでは、先進的なX線レーダーやCバンド帯レーダーなどを使って、地表と大気圏の一酸化炭素汚染を調査し、1万4千枚以上の写真と汚染状況のイメージマップなどを作成しています。ベーカーは船長(コマンダー)として乗員の指揮にあたりました。
STS-81(アトランティス号)では、ロシアの宇宙ステーション「ミール」との5回目のドッキングが行われました。このドッキングでは、3トンの食料と水、実験装置がミールに運び込まれています。また、ミールとの乗員交替が行われ、ブラハがミールから下船する代わりに、リネンガーが乗船しました。ベーカーは船長(コマンダー)として乗員の指揮にあたりました。

3.どれくらいの時間、宇宙を飛んでいるの?
STS-43(アトランティス号、1991年8月2日打ち上げ)では8日と21時間21分、STS-52(コロンビア号、1992年10月22日打ち上げ)では9日と20時間56分、STS-68(エンデバー号、1994年9月30日打ち上げ)では11日と5時間46分、STS-81(アトランティス号、1997年1月12日打ち上げ)では10日と4時間56分、宇宙に滞在しています。