JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

モルニヤ

シェア

関連情報

分類:ロケット
名称:モルニヤ(Molniya/A-2-e/SL-6)
打ち上げ国名・機関:旧ソ連/ロシア
開発機関・会社:ソ連一般機械製作省
運用機関・会社:ソ連戦略ロケット軍/ロシア宇宙軍
打ち上げ場所:チュラタム射場(バイコヌール宇宙基地)/プレセツク射場
運用開始年:1960年

モルニヤロケットは、スプートニク(A)ロケットから発展したもので、ソユーズ(A-2)ロケットの上にさらに上段(第4段に相当)を積み重ねた形になりますが、実際にはソユースロケットよりも先に実用化されています。モルニヤ通信衛星の打ち上げに使われたことからそう呼ばれますが、A-2-eあるいはSL-6と呼ばれています。初めて使われたのは1960年10月に火星探査機を打ち上げたときで、主に地球脱出軌道に乗る惑星探査機や、長楕円軌道の通信衛星、早期警戒衛星などの打ち上げに用いられてきました。しかし、現在ではこの用途にはプロトンロケット(SL-12/13、D-1-e)が用いられることが多く、最近ではあまり使われていません。

1.どんな形をし、どんな性能を持っているの?
モルニヤは、ソユーズの最上段の上にさらに第4段に当たるブロックLを追加したロケットです。ブロックLは、長さ2.64m、直径2.41mで、ケロシン/液体酸素を推進剤とする推力6.8トンのロケット・エンジン1基が付いています。第3段となるブロックIはソユースロケットと同じですが、推進剤搭載量は約90%に減らされています。A-2-eロケットの全長は42m、最大幅は10.3mで、離昇重量は306トンになります。モルニヤ型通信衛星の用いる傾斜角65度、高度400km×40,000kmの長楕円軌道への投入質量は1,600kg、火星へ向かう軌道への投入質量は950kgになります。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
サステイナー段とブースタ段の合計5基のエンジンは、秒読みの4秒前で同時に点火されます。ブースタ段は120秒間燃焼した後、放射状にサステイナー段から四方に分離されます。サステイナー段はなおも190秒間燃焼を続けて上段を切り離します。ブロックEは230秒燃焼し、ブロックLとペイロードをパーキング軌道に乗せます。ブロックLはパーキング軌道上で点火されて、ペイロードを長楕円軌道あるいは地球脱出軌道に送り出します。

3.どんなものを打ち上げたの?
モルニヤ通信衛星、マルス火星探査帰べネラ金星探査帰コスモス早期警戒衛星を打ち上げました。

4.どのくらい成功しているの?
初期にはブロックLの再点火が困難な問題があって、20回以上ペイロードを脱出軌道に送り出すことに失敗しています。1993年までのミッション成功率は83%程度と推定されています。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
ヴォストーク、スプートニクソユーズがあります。