JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

いっかくじゅう座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:いっかくじゅう座(一角獣座)
学名:Monoceros
小分類:南半球
構成する主な星雲、星団、恒星:M50(NGC2323=散開星団)/NGC2264(散開星団)/NGC2244(散開星団)/NGC2237(ばら星雲=ガス散光星雲)/NGC2261(ハッブルの変光星雲)
神話の主な登場人物:−
日本で観測できる時期:12月~5月の約6ヵ月間
見ごろの季節:冬(20時正中は3月上旬)

オリオン座ベテルギウスと、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンが作る「冬の大三角」の中にちょうどすっぽり納まっている星座です。暗い星が多くて形を探しにくいですが、観測上は赤いバラのようなガス星雲「バラ星雲」や散開星団がいくつかあるなど、興味深い領域です。バラ星雲は肉眼では見えませんが、時間をかけて写真撮影すると美しい姿を見ることができるでしょう。

1.見つけ方のポイント
オリオン座の肩にある1等星ベテルギウスと、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンを結ぶと、「冬の大三角」になります。いっかくじゅう座は、この冬の大三角のちょうど真ん中にあります。形は馬のように、胴体から南に前足2本と後ろ足を伸ばし、さらに北西側に首を伸ばした形をしています。ただし、一番明るい星でも4等星ですので形を探すのは難しいでしょう。

2.神話の内容について
一角獣は空想上の生き物です。馬に似ており、ひたいに細長く先の尖った1本の角があります。いっかくじゅう座を作った人は、17世紀のドイツの天文学者バルチウスではないかといわれています。

3.同じ時期に見える星座について
いっかくじゅう座の西にはオリオン座うさぎ座、北にはふたご座、北東にはこいぬ座、南にはおおいぬ座とも座はと座を見ることができます。「冬の大三角」のちょうど真ん中にありますので、冬の代表的な星座の多くと一緒に見えると思ってよいでしょう。

4.主要都市での観測について
冬に南の空に昇る星座で、日本全国で星座の全体が地平線の上に昇ります。しかし暗い星が多いので形を探すのは難しいかもしれません。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)