JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

もも1号

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:海洋観測衛星「もも1号」/Marine Observation Satellite-1(MOS-1)、海洋観測衛星「もも1号b」/Marine Observation Satellite-1b(MOS-1b)
小分類:地球観測衛星
運用機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1987年2月19日(MOS-1)/1990年2月7日(MOS-1b)
運用停止年月日:1995年11月29日(MOS-1)/1996年4月25日(MOS-1b)
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケットN-II(MOS-1)/H-I(MOS-1b)
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
国際標識番号:1987018A(MOS-1)、1990013A(MOS-1b)

「もも1号」は地球資源の有効利用、環境保全などの地球観測を行なうために開発されました。日本の、自主技術で開発された、我が国初の地球観測衛星です。
その後継機である「もも1号b」には可視近赤外線放射計(MESSR)、可視熱赤外線放射計(VTIR)、マイクロ波放射計(MSR)の3つの観測機器がのせられています。MESSRは陸域と海域、VTIRは雲と海面温度、MSRは海面、大気中の水蒸気、海氷、積雪を観測対象にしています。これらによって得られた可視域、赤外域、マイクロ波による画像データは農林・水産資源、水資源の利用状況の調査、海洋・大気汚染の監視などに利用されます。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
一翼式太陽電池パドルを有する箱型をしています。
本体1.26m x 1.48m x 2.4m、太陽電池パドル2.0m x 5.28m、重量約740kg(打ち上げ時)です。

「もも1号」、「もも1号b」には、以下の3つの放射計が装備されています。
・可視近赤外線放射計(MESSR=Multi-spectral Electronic Self-scanning Radiometer)は、地表面の太陽反射光を捉らえる電子走査式の放射計で、衛星進行方向に並行して2系統のカメラシステムを、装備しています。
・可視熱赤外線放射計(VTIR=Visible and Thermal Infrared Radiometer)は回転する走査鏡により、衛星の進行方向に対して直角に、右から左へと機械的に走査します。
・マイクロ波放射計(MSR=Microwave Scanning Radiometer)は、衛星に搭載したパラボラアンテナの回転と、衛星の進行により連続して地表を走査する電波センサです。

衛星外観図
衛星外観図

2.どんな目的に使用されるの?
海洋資源の確保や有効利用、農林業や環境状況のモニタなどに利用されます。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
定常の運用に移った1987年11月1日からは、画像データ受信局(海外を含む)に観測データを送り続けました。1989年2月12日には予定どおり、打ち上げ後2年間の後期運用段階に入りました。
その後も、衛星がまだ十分使用できることや、引き続き観測データの送信が望まれるため、後継機であるもも1号bと同時利用することによって技術的な問題を調べることも、その後の地球観測衛星運用のための課題でした。
1995年3月31日にこのような役割を終え、後期運用段階を終了。同年11月29日に運用を終了しました。
また、「もも1号」と同様の性能を有し、後継機として打ち上げられた「もも1号b」はバッテリー劣化のため1996年4月25日をもって運用を終了しました。

4.どのように地球を回るの?
高度約909km。公転周期約103分(地球を約103分で1周します)、軌道傾斜約99度の太陽同期準回帰軌道です。太陽同期準回帰軌道とは、いつもほぼ同じ時刻に同一地点の上空を通過するため、観測衛星に向いている軌道です。また、地球の自転によって経路がすこしずつずれていきますが、17日後には再び同じ時刻に同じ位置に戻っています(回帰周期)。