JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

MT-135

シェア

関連情報

分類:ロケット

名称:MT-135
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
開発機関・会社:気象庁/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ場所:気象ロケット観測所/鹿児島宇宙空間観測所/種子島宇宙センター(KSC)
運用開始年:1970年7月15日
運用終了年:2001年3月21日

1961年に世界気象機構(WMO)からの勧告を受け、気象ロケット観測をおこなうための計画が推進されました。気象ロケット観測をおこなえば、長期の気象予測に必要な成層圏の上層部(高度50〜60km)のデータが得られます。そのために気象庁と東大宇宙航空研究所が共同で、気象ロケット「MT-135型」を開発しました。MT-135型は、パラシュート付きのロケットゾンデを搭載して、高度60kmに到達することが可能な小型単段式ロケットです。1970年、気象庁は岩手県の三陸町綾里に「気象ロケット観測所」を開設し、毎週1回の定期観測をおこなっていました。ここから打ち上げられるロケットは、漁船に対する危険防止策として落下するモーター部に緩降下用にパラシュートがつけられたもので、MT-135P型と呼ばれています。気象ロケット観測で得られた高層気象データはWMOに提供され、世界の気象業務に役立っています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
MT-135型ロケットは、高度60kmに到達することができる小型単段式ロケットです。全長は3.3m、直径は0.135m、全重量は70kgです。パラシュート付きのロケットゾンデを搭載して、気象観測をするために打ち上げられます。搭載重量は約2kgです。ロケットゾンデが格納されている先端は、空力加熱から守るために、ガラス繊維強化合成樹脂FRPが使用されています。

2.打ち上げや飛行の順序は、どうなっているの?
発射時間が近づくと、そのときに吹いている風を考え、方位角146度、高度60kmにおける水平距離25kmの地点に打ち上がるように発射台の発射角度をセットします。発射時間に発射スイッチで点火すると、推進薬が急速に燃焼し、エンジン部内の圧力を高め、この高圧ガスが後尾のノズルから噴射されて、ロケットが発射します。発射後約10.4秒で推進薬の燃焼が終わり、これ以後は慣性により放物線を描いて上昇を続け、発射後約110秒で最高点(約64km)に達します。発射後約95秒で切断用タイマーが働き、ロケットゾンデ部をエンジン部から切り離します。

3.どんなものを打ち上げたの?
気温センサを組み込んだ観測器(ロケットゾンデ)を打ち上げています。

4.どのくらい成功しているの?
気象ロケット観測所では、1970年7月15日にMT-135P型の第1号機を打ち上げ、その翌年から毎週1回の定期観測をおこなっていました。2001年3月21日に運用を終了しています。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
1964年に鹿児島宇宙空間観測所でテスト機であるPT-135の打ち上げに成功、1970年にはモーター部がパラシュートで緩降下するような構造にしたMT-135Pへの改造がおこなわれました。

※参考文献/大澤弘之・監修「日本ロケット物語」三田出版会、斎藤成文・著「日本宇宙開発物語」三田出版会、山中龍夫・的川泰宣・著「宇宙開発のおはなし」日本規格協会