JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ひまわり6号

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:運輸多目的衛星「ひまわり6号」(MTSAT-1R)
小分類:地球観測衛星
開発機関・会社:スペースシステムズ・ロラール社/国土交通省(気象庁および航空局)
運用機関・会社:国土交通省(気象庁および航空局)
打ち上げ年月日:2005年2月26日
運用停止年月日:周回中
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙航空研究開発機構(JAXA)
打ち上げロケット:H-IIAロケット7号機
打ち上げ場所:種子島宇宙センター
国際標識番号:2005-006A

日本の気象観測は、静止気象衛星「ひまわり5号」(GMS)が(一部中継機能を残して)運用を停止した2003年5月以降は、 バックアップ用としてアメリカの気象衛星ゴーズ9号をレンタルして補っていました。その観測を引き継ぐべく打ち上げられたのが運輸多目的衛星(MTSAT-1R)で、のちに「ひまわり6号」と命名されました。従来の静止気象衛星「GMS」シリーズと比べると、多様な情報を高精度で観測する高性能な「運輸多目的衛星」といえます。2005年6月28日から気象ミッションの正式運用を開始しました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
太陽電池パネル、アンテナ部を含み、全長33.1m。3軸姿勢制御方式。設計寿命は、気象ミッション5年、航空ミッション10年です。気象衛星「ひまわり」、「ひまわり2号」、「ひまわり3号」、「ひまわり4号」の観測に使用されたイメージャー(センサ)は、赤外/可視の2チャンネルでした。「ひまわり5号」にいたり、従来の赤外チャンネルを2つに分割し、新たに水蒸気チャンネルが加わりました。「ひまわり6号」ではさらに、近赤外チャンネルが装備されています。これまでできなかった新たな波長での観測、高品質の画像取得、気象観測の精度向上、天気予報のレベルアップなどが期待されています。次世代の航空システムCNS/ATMでは、ひまわりの通信機能を利用して航空機と管制機関が衛星通信で結ばれ、地形による影響はなくなります。気象データ、航空情報、フライトプランなどを機上の飛行管理システムに直接送信することもできます。

2.どんな目的に使用されるの?
多目的衛星の気象ミッションとしては、ひまわりシリーズ、ゴーズ9号のミッションを受け継ぎ、日本の気象観測全般にデータを提供します。気象観測用のセンサを多チャンネル化すること等で、気象観測の精度向上、天気予報のレベルアップなどが期待されます。
また、2006年9月4日から「ひまわり7号」気象ミッションの待機運用を開始しています。万一「ひまわり6号」に障害等が発生し、長時間画像の取得等が不可能になった場合でも、復旧までの間は「ひまわり7号」が観測機能を代行します

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
2005年2月に種子島宇宙センターから打ち上げられた「ひまわり6号」は、2005年5月31日から観測画像の試験配信を開始しました。センサの多チャンネル化等により、これまでの衛星より明らかに高解像度のイメージを取得できることが証明されました。2005年6月28日に気象ミッションの正式運用が開始され、2005年12月をめどに航空ミッションが開始されることになっています。「ひまわり6号」は国際標準に適合しており、インマルサットなどの既存の衛星システムと相互に運用することも可能となっています

4.このほかに、同じシリーズでどんな機種があるの?
静止気象衛星「GMS」シリーズとして、「ひまわり」、「ひまわり2号」、「ひまわり3号」、「ひまわり4号」、「ひまわり5号」があります。
ひまわり6号」以降は、運輸多目的衛星とその活動範囲を広げ、現在気象庁で観測、運用されています。

5.どのように地球を回るの?
東経135度、140度(気象ミッション用)、145度の各赤道上、高度35,800kmの静止軌道です。