JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ひまわり7号

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:運輸多目的衛星「ひまわり7号」(MTSAT-2)
小分類:地球観測衛星
開発機関・会社:国土交通省(気象庁および航空局)
運用機関・会社:国土交通省(気象庁および航空局)
打ち上げ年月日:2006年2月18日
運用停止年月日:周回中
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙航空研究開発機構JAXA
打ち上げロケットH-IIAロケット7号機
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)

ひまわり7号」は、気象観測としての機能と、航空管制の機能を併せ持った衛星です。質量は4,650kg。全長27.1mの大型衛星です。気象観測としては、「ひまわり6号」と同様に可視域1チャンネル、赤外域4チャンネルのセンサを持っています。「ひまわり6号」からは以前の1時間毎の撮影から、北半球については新たに30分毎の撮影を行うことにより、これまで以上に連続的に台風その他の雲の移動を把握することが可能になりました。さらに、「ひまわり5号」と比べると、近赤外センサを1チャンネル追加。これまでできなかった新たな波長での観測、高品質の画像取得、気象観測の精度向上、天気予報のレベルアップなどが期待されています。「ひまわり7号」は2006年9月4日から気象ミッションの待機運用を開始しています。万一「ひまわり6号」に障害等が発生し、長時間画像の取得等が不可能になった場合でも、復旧までの間はひまわり7号が観測機能を代行します。

次世代の航空保安システムCNS/ATMは通信、航法、監視、航空交通管理の4つから構成される世界規模の航空保安システムです。測位衛星と通信衛星、最新の通信技術を利用して航空交通の安全性向上、交通容量の拡大、経済性改善が計られます。

具体的には「ひまわり7号」の通信機能を利用して航空機と管制機関が衛星通信で結ばれ、地形による影響はなくなります。気象データ、航空情報、フライトプランなどを機上の飛行管理システムに直接送信することもできます。交通量が増大している北太平洋ルートなどでは、交通容量の拡大と安全性の向上に大きな役割を果たすと期待されています。