JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

M-V

シェア

関連情報

分類:ロケット

名称:M-V/M-5
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
開発機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
打ち上げ場所:日本・鹿児島宇宙空間観測所(KSC)
運用開始年:1997年

M-V型ロケットは、ハレー彗星探査機「さきがけ」などを打ち上げてきたM-3SIII型ロケットの後継機として開発されたロケットで、21世紀を展望して月・惑星探査など、より意欲的なミッションを遂行するために、1990年から開発がおこなわれてきました。その1号機は、1997年2月12日に打ち上げられ、地上の電波望遠鏡との連携によって天体を観測する科学衛星MUSES-Bを軌道に投入しました。軌道に乗ったMUSES-Bは、「はるか」と命名されました。また、1998年7月4日には日本初の火星探査機「のぞみ」の打ち上げにも成功しています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
M-V型ロケットは全段固形燃料を用いた3段式のロケットで、全長は約30.7m、直径は約2.5m、重量は約139tあります。地球を回る低軌道に約1.8tの衛星を打ち上げる能力を持っていて、これは従来のM-3SIIに比べて、約2.3倍の打ち上げ能力です。打ち上げ能力を向上させるために、第1段の切り離しと第2段のモーター点火を同時におこなうファイア・イン・ザ・ホール点火方式が採用されています。オプションとしてキックモーター(第4段)を備えることもできます。

2.打ち上げや飛行の順序は、どうなっているの?
M-V-1号機は、ランチ設定上下角82.6度、方位角92.9度で発射されました。発射後75秒に第1段の切り離しと第2段の点火が同時におこなわれ、発射後213秒には第2段が切り離されました。発射後218秒後には第3段モータが点火され、燃焼終了後毎秒0.8回のスピンにより上段の姿勢を安定させました。第4段は発射後342秒にノズルを伸展し、その2秒後に高度230kmにおいて点火しました。その後、第4段は正常に燃焼し、科学衛星MUSES-Bを予定の軌道に投入しました。

3.どんなものを打ち上げたの?
M-V-1号機によって、「はるか」が打ち上げられました。また、M-V-3号機は1998年7月4日に「のぞみ」を打ち上げています。
2003年5月に5号機によって「はやぶさ」が打ち上げられました。2005年7月、「すざく」が6号機によって打ち上げられました。2006年8月2日、「あかり」が8号機で、2006年9月23日、「ひので」が7号機で打ち上げられ、これがM-Vロケットの最後の打ち上げとなりました。

4.どのくらい成功しているの?
2006年までに7回の打ち上げが行なわれています。M-V-1号機とM-V-3号機はいずれも成功していますが、2000年2月10日に打ち上げられたM-V-4号機は、第1段モータの異常により、ASTRO-E衛星を所定の軌道に投入することができませんでした。
その後、2003年にM-V-5号帰2005年にM-V-6号機、2006年にM-V-8号機、M-V-7号機を打ち上げ、成功しています。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
M-4SM-3CM-3HM-3SM-3SIIがあります。

※参考文献/大澤弘之・監修「日本ロケット物語」三田出版会、斎藤成文・著「日本宇宙開発物語」三田出版会、山中龍夫・的川泰宣・著「宇宙開発のおはなし」日本規格協会[2005.7.28 更新]