JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

N-II

シェア

関連情報

分類:ロケット

名称:N-II
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
開発機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
運用開始年:1981年
運用終了年:1987年

N-IIロケットN-Iロケットをベースにして、打ち上げ能力を向上させたものです。具体的にはN-Iロケットの第1段推進薬タンクを延長し、固体補助ロケットを3本から9本に増やして推力を強化しました。また、第2段に性能が向上した再着火可能な推進系を、第3段にはより大型の固体モータを採用して静止衛星打ち上げ能力を約350kgに高めています。衛星フェアリングを大型化し大型実用衛星をのせることが可能になりました。N-Iと同じく米国のデルタロケットの技術を使用しているほか、誘導装置も「ブラック・ボックス」方式で使われるなど、米国の技術が大幅に導入されています。
誘導方式は慣性誘導方式になりました。
1976年から本格的な開発に着手し、1981年2月に試験機によって技術試験衛星を打ち上げてから、気象衛星・通信衛星・放送衛星などを静止軌道に投入し、太陽同期ミッションにも使われた本格的衛星打ち上げ用ロケットです。
合計8機の衛星を打ち上げました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?

3段式。
全長:35.36m〔第1段22.44m、第2段5.99m、第3段2.09m、衛星フェアリング7.91m〕。
外径:2.44m。
全備重量:135.2t(人工衛星の重さは含みません)。
推力は、第1段74.4t(バーニアエンジン2基0.9t)、固体補助ロケット6本分136t、第2段4.6t、第3段6.8t。
約350kgの静止衛星を打ち上げる能力があります。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
まず第1段と固体補助ロケット6本を点火してリフトオフします。固体補助ロケットの燃焼時間は38秒間で、リフトオフの約40秒後に残った3本が点火して、85秒後には分離します。第1段ロケットは272秒間の燃焼ののち、280秒後に分離します。第2段ロケットは286秒後に点火します。300秒後に衛星フェアリングを分離します。667秒後に第2段ロケットの燃焼を停止して姿勢を変更、慣性飛行に移ります。そして1,387秒後に再び第2段ロケットが燃焼を開始。7秒間の燃焼ののち、1,454秒後に第3段スピンアップ。1,456秒後に第2段を分離します。1494秒後に第3段ロケットが点火、44秒間の燃焼ののち、1,614秒後に衛星を分離して、静止トランスファ軌道に投入します。

3.どんなものを打ち上げたの?
きく3号ひまわり2号ひまわり3号さくら2号a/2号b、ゆり2号a/2号bもも1号を打ち上げました。

4.どのくらい成功しているの?
8回の打ち上げがおこなわれ、全て成功しています。