JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

宇宙開発事業団

シェア

関連情報

宇宙の実利用促進めざした1969年の設立以来、四半世紀が経過

宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))は、実用衛星の開発など宇宙の実利用の促進を目的として、1969年に旧科学技術庁の宇宙開発推進本部を発展的に解消して設立されました。本部は東京都港区、射場は鹿児島県南種子町にありました。同事業団は、アメリカから技術を導入して液体ロケットN-I」を開発し、1977年には日本初の実験用静止通信衛星「きく2号」を打ち上げ、米ソに次いで世界で3番目に衛星を静止軌道にのせることに成功しました。2003年10月に宇宙開発事業団は、宇宙科学研究所航空宇宙技術研究所と統合し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が誕生しました。

筑波宇宙センターの全景
筑波宇宙センターの全景

数々の実用衛星や大型のH-IIロケット運用のほか宇宙環境利用活動も推進

きく2号」の打ち上げ成功後、宇宙開発事業団は「N-II」「H-Iロケットを開発し、これによって「通信」「放送」「気象」「地球観測」などの実用衛星を打ち上げてきました。1994年からは純国産の高性能大型ロケットH-II」を、さらに2001年からはその発展型である「H-IIAロケットを運用しています。宇宙環境利用活動としては、1992年に毛利衛宇宙飛行士を、1994年には向井千秋宇宙飛行士スペースシャトルに搭乗させ、各種宇宙実験を実施しました。また、1996年には若田光一宇宙飛行士が日本初のミッションスペシャリスト(MS)としてスペースシャトルに搭乗し、人工衛星の回収などをおこないました。
1997年には土井隆雄宇宙飛行士スペースシャトルに搭乗し、日本人としては初めて船外活動を行い、さまざまな作業を行いました。また、若田宇宙飛行士が2000年10月に国際宇宙ステーション建設に参加しました。

気象衛星「みどり」
気象衛星「みどり」

日本のロケット打ち上げの中心地である種子島宇宙センターのほか筑波宇宙センターなど多くの施設をもつ

宇宙開発事業団のロケット射場は、種子島宇宙センターです。打ち上げに有利な南方(緯度が低いほどロケット打ち上げのパワーが少なくてすむ)にあり、国有地が多く、周囲に海が広がるというメリットから選ばれたこの射場は、いまや日本のロケット打ち上げの中心地です。国際水準の性能をもつ大型ロケットH-IIA」も、ここから打ち上げられています。ほかにも、筑波宇宙センター、角田ロケット開発センターなどの施設があります。

種子島宇宙センター
種子島宇宙センター