JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ラオス科学技術庁・宇宙技術部

シェア

関連情報

分類:宇宙開発機関
名称:科学技術庁・宇宙技術部/Department of Space Technology(DST),National Authority for Science and Technology(NAST)
国名:ラオス人民民主共和国
設立年月日:2008年4月

ラオス人民民主共和国は2008年4月、首相府科学技術庁(NAST)の下に宇宙技術部(DST)を設置しました。このDSTは、宇宙技術全般に係わる事項について統括する機関です。DSTの役割と機能には、以下のものがあります。
・宇宙技術、リモートセンシング(RS)、地理情報システム(GIS)および全球測位システム(GPS)開発応用のための政策および戦略の立案
・ラオス衛星のための軌道位置や周波数確保
・ラオス衛星管制センターの管理運営
・社会経済開発に資するRS、GISおよびGPSの教育、研究および開発促進
ロケットと衛星製作の研究開発促進
・宇宙技術データベース構築
・宇宙技術人材の育成
・宇宙技術分野における諸外国、諸団体との協力調整
・関係する諸外国、諸団体の調査分析
・諸団体との協定や覚書の締結

NASTと中国移動体通信企業China-APMT社は2009年9月25日、ラオスの通信衛星Laos-1(ラオス1号)プロジェクトを共同で実施するための覚書を締結し、ラオス向け衛星放送、通信システムの構築および両国の合弁企業による商業運用サービスの確立を目指すことを発表しました。同プロジェクトは、中国政府による資金貸付および無償資金協力により実施され、中国空間技術研究院(CAST)製東方紅(DHF)衛星バスが使用されて長征ロケットにより打ち上げられる予定です。