JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

海王星探査

シェア

関連情報

太陽から45億kmもはなれた海王星は、極低温の星

海王星は、主にガスでできています。表面は強い風が吹く極低温の星です。惑星の中では太陽から最も遠く45億kmもはなれたところにあり、大きさは地球の4倍ほどです。2009年1月の時点で、13個の衛星と数本の環が発見されています。

ボイジャー2号が撮影した海王星。中央左側の薄暗い部分が大暗斑です。
ボイジャー2号が撮影した海王星。中央左側の薄暗い部分が大暗斑です。

海王星の大気85%は水素だった

天王星と同じ水素やメタン、ヘリウムなどが主成分と考えられていましたが、あまりに距離が遠いため地球からの観測ではよくわかりませんでした。ボイジャー2号海王星に4,900kmまで接近し、大気の成分は水素85%、ヘリウム13%、メタン2%であることを観測しました。また、海王星は全体に青く見え、表面には激しい大気の活動を示すような地球ほどもある巨大な暗い斑点があり、メタンが凍ったものと思われる白い雲があることも観測しました。

海王星に接近して数々の観測をおこなった「ボイジャー2号」
海王星に接近して数々の観測をおこなった「ボイジャー2号」

海王星にも4本の輪を確認。自転周期は16時間

ボイジャー2号の観測により、木星土星天王星と同じように、海王星のまわりにも淡い4本の環がはっきりと確認されました。また、海王星の磁気軸は自転軸から50度もずれていることもわかりました。そのほか、海王星大気のオーロラ発光を確認するとともに、これまで17~18時間と観測されていた自転周期が16時間であることもわかりました。

ボイジャー2号がとらえた海王星の4本の輪。色の濃い2本の輪と、うすい2本の輪が見えます。
ボイジャー2号がとらえた海王星の4本の輪。色の濃い2本の輪と、うすい2本の輪が見えます。

トリトン、ネレイドをはじめ海王星の衛星は全部で13個

現在、海王星には13個の衛星があることがわかっており、そのうちサイズの大きいトリトンとネレイドはボイジャー2号による探査以前に地上観測で発見されていました。
ボイジャーの観測でトリトンの直径は地球からの観測で考えられていたものよりもはるかに小さく2,720kmであること、表面温度はこれまでの予想よりも低いマイナス200度であり、現在も活動中と思われる窒素(ちっそ)を吹き上げる「氷火山」があることなどがわかりました。また、ボイジャー2号によって、海王星のまわりを回る新たな6つの衛星も発見されました。

ボイジャー2号によって撮影された海王星の衛星「トリトン」の半球
ボイジャー2号によって撮影された海王星の衛星「トリトン」の半球