JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

NGC4258

シェア

関連情報

分類:銀河

名称:NGC4258(M106)
小分類:棒渦巻銀河SBb型
属する銀河群:りょうけん座I群
属する星座:りょうけん座

地球から約2,100万光年の距離にある銀河です。棒渦巻銀河は中心の丸い膨らみを形作る回転楕円体バルジ(bulge)、外側の円盤部、渦状の腕で構成される点は渦巻銀河と同じですが、中心部の楕円体が細長い(棒構造がある)ことが特徴です。NGC4258(M106)は厳密には渦巻銀河と棒渦巻銀河の中間の形です。

1.見つけ方のポイントは?
りょうけん座自体は小さな星座なので、古代からその一部とされていた、おおぐま座の北斗七星を手がかりにするとよいでしょう。りょうけん座は、17世紀に独立星座に制定されています。うしかい座の巨人が左手で握った首ひもの先で、2匹の犬がおおぐま座に挑むイメージです。その一角にあるのが、NGC4258(M106)で、明るさは9.0等級です。りょうけん座の午後9時の東京での南中は、5月中旬です。

2.どのような特徴があるの?
中心部の楕円体バルジ(bulge)が細長い、棒状構造のある渦巻銀河です。その棒構造の両端から腕が伸びて、渦状に巻いています。NGC4258(M106)は、厳密には渦巻銀河と棒渦巻銀河の中間の形をしています。

3.どれくらいの大きさなの?
視直径で18分×8分です。

4.地球からはどれくらい離れているの?
2,100万光年離れています。

※参考文献:河島信樹・監修/三品隆司ほか編「スペース・アトラス」PHP研究所、小平桂一ほか編「平凡社版天文の事典」平凡社、浅田英夫「MY DATA 図鑑星空フィールド日記」山と溪谷社、国立天文台・編「理科年表」丸善