JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

NGC5128

シェア

関連情報

分類:銀河

Image provided courtesy of NASA
Image provided courtesy of NASA

名称:NGC5128
小分類:レンズ状銀河
属する銀河群:局部銀河群
属する星座:ケンタウルス座

ケンタウルス座に見られる強力な電波銀河のNGC5128は、別名「ケンタウルスA」ともいわれ、有名な電波源のひとつとして知られています。明るいので、双眼鏡でも見ることができます。全体系の質量を合わせると、われわれの住む銀河系よりもはるかに大きくなっています。銀河の外周には、幅1万5,000光年ほどの暗黒物質帯が取り巻いており、特異な楕円形をした姿のためか、天体写真にもよく登場します。

1.見つけ方のポイントは?
おとめ座の南に位置しているケンタウルス座に見えます。近くには、おおかみ座うみへび座があります。中緯度の日本からは南に低いので全部は見えませんが、双眼鏡で見ても、細長い形で中心に黒い帯が横切っている姿が見ることができます。6月が最も見やすくなっています。

2.どのような特徴があるの?
銀河の中心には、きわめて明るい青色の核があり、ここから強力な電波やX線が放射されています。内部は異常な活動状態にあるので、場合によっては数時間程度で電波やX線が変化します。中心からはまた、長さが13万光年にもなるジェット流も噴出しています。

3.どれくらいの大きさなの?
直径8万4,000光年

4.地球からはどれくらい離れているの?
1,400万光年

※参考文献:中野繁「星雲星団の観測」恒星社、鈴木敬信「天文学辞典」地人書館、平沢康男「初歩の天体観測」地人書館、中野繁「星座の観望」恒星社、高瀬文志郎「星・銀河・宇宙 100億光年ズームアップ」地人書館、村山定男/藤井旭「星座への招待」河出書房新社、朝日コスモス'89−'95「スカイ・ウォッチング事典」朝日新聞社、寿岳潤/小林悦子「星座をみる楽しみ」岩波書店、国立天文台・編「理科年表」丸善、荒木俊馬「現代天文学事典」恒星社、小平桂一ほか監修「平凡社版 天文の事典」平凡社