JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

じょうぎ座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:じょうぎ座
学名:Norma
小分類:南半球
日本で観測できる時期:日本からはほとんど見えません
見ごろの季節:夏(20時正中は7月)

さそり座の心蔵アンタレスのずっと南に位置する星座で、2個の4等星といくつかの5等星が、小さな三角形を作っています。18世紀のフランスの天文学者ラカーユが作った星座ですが、南半球の多くの星座と同じく、暗くて形がはっきりせず、見栄えのするものではありません。ただし、南半球でじょうぎ座のあたりを眺めると、南天の天の川が非常に明るく流れていて美しい見物になっています。星座名の由来は、昔の船乗りが測量に使った直角定規と棒をかたどったものだとされています。

1.見つけ方のポイント
さそり座の心蔵1等星アンタレスのずっと南にある星座で、天の川の中にあります。暗い星が多い星座なので、非常に分かりにくいといえるでしょう。見つけるときは、真夏の夜に、さそり座のアンタレスから南に目を下ろしていき、地平線低く、椅子を逆さにしたような形の、四角と棒を組み合わせた星座を見つけてみましょう。

2.神話の内容について
じょうぎ座は18世紀のフランスの天文学者N・L・ラカーユ(1713~62年)が、1750年代に作った星座です。彼の発表した南天星図の中に書かれたもので、両隣にあるさいだん座おおかみ座の一部を削って追加されました。航海中の測量技師が使う直角定規と棒をかたどったものだとか、直角定規と直定規だとか、水準器だとも言われています。神話とはまったく関係ありません。ラカーユは、アフリカ大陸の南端、現在の南アフリカ共和国のケープタウンに住み、南天の星の研究を行いました。ラカーユの創設した星座は、当時発明された道具などを模したものがほとんどです。

3.同じ時期に見える星座について
夏に高く昇る星座で、さそり座などの夏の星座たちと一緒に見ることができます。まず、西にはさいだん座くじゃく座、北にはさそり座を見ることができます。また西にはおおかみ座ケンタウルス座、南にはみなみのさんかく座コンパス座を見ることができるでしょう。

4.主要都市での観測について
低い位置にあるので九州より北では見えませんが、沖縄や奄美諸島へ行くと、全体を見ることができます。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)