JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

オランダ宇宙局

シェア

関連情報

分類:宇宙開発機関
名称:オランダ宇宙局/Netherlands Space Office(NSO)
国名:オランダ王国
本部所在地:デン・ハーグ
設立年月日:2009年9月30日

1971年、オランダ航空機開発協会(NIV、1946年設立)を母体としてオランダ航空宇宙計画局(NIVR)が設立されました。1974年にはアメリカとの共同開発によるオランダ初の人工衛星、天文衛星ANSをアメリカのロケットにより打ち上げています。

その後、1975年に欧州宇宙機関(ESA)が設立され、オランダは設立参加国として加わっています。

1983年にはオランダ科学研究機構の一部として宇宙研究所(SRON)が設立され、以後はNIVRの管理の下、SRONを中心に宇宙物理および地球科学に関する衛星機器部品の開発利用が進められてきました。

また、1961年設立のオランダ国立航空宇宙研究所(NLR)は、宇宙技術の研究開発において長い歴史を持ちます。

2008年10月に経済省、教育・文化・科学省、運輸・公共事業・水利省、およびオランダ科学研究機構(NWO)が交わした合意に基づき、本格的な宇宙開発利用と産業振興を目的として、2009年9月30日にNIVRの宇宙部門を母体としてオランダ宇宙局(NSO)が設立されました。なお、NIVRの航空部門はSenterNovemに統合されています。

NSOは技術革新・環境・持続的発展を担当する経済省所管の機関「SenterNovem」の傘下に置かれ、予算は教育・文化・科学省および運輸・公共事業・水利省から支出されます。NSO局長はこれらの機関が合同で設置する委員会へ報告を行います。また、ESAプログラムの窓口となっています。

オランダはESA関連の多くの計画に関わっており、主要な計画のほぼすべてに参加しています。これまでに参加した代表的な計画としては、遠赤外線サブミリメーター望遠鏡FIRST、X線天文衛星SAX(イタリアと共同開発)などがあります。

オランダの宇宙開発予算の大半はESAに拠出されており、2009年度ESA拠出金は9900万ユーロ(加盟国中2.76%で7位)です。

1.どのような組織になっているの?
NSOは技術革新・環境・持続的発展を担当する経済省所管の機関「SenterNovem」の傘下に置かれ、予算は教育・文化・科学省および運輸・公共事業・水利省から支出されます。NSO局長はこれらの機関が合同で設置する委員会へ報告を行います。

2.地図上ではどの辺にあるの?
デン・ハーグに本部があります。

3.これまでに行った宇宙計画とこれから予定している計画にはどんなものがあるの?
1974年にはアメリカとの共同開発によるオランダ初の人工衛星、天文衛星ANSをアメリカのロケットにより打ち上げています。

4.これまでに開発したロケットで代表的なものは?
探測ロケットを含め、国産ロケットはありません。

5.これまでに開発した宇宙ステーションで代表的なものは?
国際宇宙ステーション(ISS)計画に参加しています。

6.予算はどれくらいなの?
オランダの宇宙開発予算の大半はESAに拠出されており、2009年度ESA拠出金は9,890万ユーロ(加盟国中2.76%で7位)です。