JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

りゅうせい

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:軌道再突入実験機「りゅうせい」/OREX(Orbital Re-entry Experiment)
小分類:技術開発・試験衛星
開発機関・会社:宇宙開発事業団航空宇宙技術研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙開発事業団航空宇宙技術研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1994年2月4日
運用停止年月日:1994年2月4日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙開発事業団(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:H-II
打ち上げ場所:種子島宇宙センター(TNSC)
国際表記番号:1994007A

「りゅうせい」は、宇宙ステーションで実験した成果物の回収や、補給などをおこなった後、スペースシャトルのように、地上に帰ってくる無人の有翼回収機(宇宙往還機)、HOPEを開発するための実験機です。軌道再突入実験機(OREX)といわれています。1994年2月4日H-IIロケット1号機によって打ち上げられ、軌道高度約450kmの円軌道に投入された後、地球を1周したところで、大気圏に再突入しました。この再突入の際の各種データの取得、大気圏再突入に耐える飛行体の設計・製作技術の蓄積などを目的としています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
丸い円錐型(鈍頭円錐形状)です。機体外径は3.40m、高さは1.46m、重量は約865kg(打ち上げ時)/約761kg(再突入時)です。
「りゅうせい」は再突入時、空力加熱により最高で約1,570℃の高熱に加熱されますが、その空力加熱を受ける機体前面には、HOPEで使用予定の耐熱、熱防護材料であるカーボン・カーボン材やセラミックタイルが使用されています。
また、再突入時は周囲の電離気体によって電波が反射、散乱、吸収されるため、地上との通信が不可能となる通信ブラックアウトという現象が起こります。このときの機体の状態を「りゅうせい」各部に取り付けられたセンサによって計測し、データメモリに記録します。

2.どんな目的に使用されるの?
「りゅうせい」は、宇宙往還機HOPE開発の技術課題のうち、特に大気圏再突入に関する次のようなデータ取得を目的としています。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
計画通りに各種データを得た後、中部太平洋のクリスマス諸島上空で、大気圏へ再突入させることに成功しました。

4.どのように地球を回るの?
「りゅうせい」はH-IIロケットで、軌道高度約450kmの円軌道に投入されました。その後「りゅうせい」は打ち上げ約1時間40分後に地球を1周し、NASDAの種子島局、小笠原局の可視範囲内で軌道離脱のための逆噴射をおこないました。徐々に高度を下げ、打ち上げ約2時間後に中部太平洋上空で大気圏に再突入。空力加熱とブラックアウトの後、着水域近くに待機中の船舶局と航空機局に記録したデータを送信し、打ち上げ約2時間10分後に、クリスマス島の南方約460kmの洋上に着水しました。

OREX飛行計画
OREX飛行計画