JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

オゾンホール

シェア

関連情報

オゾンホールの存続が過去最高に

南極のオゾンホールは、毎年8月ごろ発達し12月の中旬ごろに消滅するのが普通ですが、1999年は、12月下旬まで持続し、観測史上最も遅い記録となりました。気象庁の分析によると、1999年は8月中旬ごろから発達し、9月に最盛期を迎えて、その大きさは約2,500万km2に達しました。これは観測史上3番目の大きさで、南極大陸の約1.8倍に相当します。その後徐々に縮小をはじめ、12月14日にはいったん消滅しましたが、3日後の17日に再び出現し、最後に消滅したのは、結局12月の26日でした。過去にも復活したケースはありましたが、数日間で消滅するのが通例で、このように10日間も続くのは初めてのケースでした。

アメリカの観測衛星「TOMS」がとらえた1999年9月15日のオゾンホール(左)とオゾンホールがいったん消滅した12月14日の画像(右)
アメリカの観測衛星「TOMS」がとらえた1999年9月15日のオゾンホール(左)とオゾンホールがいったん消滅した12月14日の画像(右)

オゾンの薄い大気が流れこんだのが原因か

オゾン層は、有害な紫外線から地上の生物を守る働きをしていますが、フロンの分解でできる塩素などによって破壊され、それが大きな穴となってオゾンホールとなります。このオゾン層の破壊は、温度と密接な関係があるといわれ、南極上空の気温が低下しはじめると出現し、気温が上昇すると消滅する傾向があります。フロンによってオゾン層の破壊量が多ければ、それが気温を低下させて、さらにオゾン層の破壊を促進するともいわれています。また、地球が温暖化すると成層圏の温度は反対に低くなり、これがオゾン層の回復をおそくするという説もあります。1999年は、これに加え対流圏からオゾンの薄い大気が成層圏にたくさん流れこんだことにより消滅次期が遅れたのではないかと考えられています。