JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

パイオニア0号

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査

名称:パイオニア0号〜4号
小分類:月探査
開発機関・会社:アメリカ空軍(パイオニア0〜2号)/アメリカ陸軍(パイオニア3〜4号)
運用機関・会社:アメリカ空軍/USAF(パイオニア0〜2号)/アメリカ陸軍(パイオニア3〜4号)
打ち上げ年月日:パイオニア0号(1958年8月17日)/パイオニア1号(1958年10月11日)/パイオニア2号(1958年11月8日)/パイオニア3号(1958年12月6日)/パイオニア4号(1959年3月3日)
運用停止年月日:パイオニア0号(1958年8月17日)/パイオニア1号(1958年10月12日)/パイオニア2号(1958年11月8日)/パイオニア3号(1958年12月7日)
打ち上げ国名:アメリカ
打ち上げロケット:パイオニア0〜2号・ソー・エイブル/パイオニア3〜4号・ジュノー2
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地
国際標識番号:パイオニア1号(1958007A)/パイオニア3号(1958008A)/パイオニア4号(1959013A)

パイオニア3号までのシリーズは、アメリカ空軍が打ち上げた月探査機ですが、いずれも地球の引力から脱出できませんでした。パイオニア3号と4号は、アメリカ陸軍の月探査機で、3号は打ち上げに失敗。4号は月から約6万kmのところを通過して、ソ連のルナ1号に続く史上2番目の人工惑星となりました。パイオニア4号にはガイガー・ミューラー管が積まれていて、地球を取り巻く放射線帯(バン・アレン帯)などの観測データを、打ち上げ82時間後まで送ってきました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
パイオニア4号:高さ0.58m、直径0.25mの円錐形です。打ち上げ時の重量は5.87kgです。

2.どんな目的に使用されたの?
地球と月の間の宇宙空間の放射線の観測です。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
月から5万9983kmを通過、0.9871×1.142AUの太陽中心軌道に入りました(アメリカ最初の人工惑星)。地球から9万kmまでの宇宙空間の放射線を観測しました。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
パイオニア4号は、直行軌道で月へ向かいました。