JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

パイオニア5号

シェア

関連情報

分類:月・惑星探査
名称:パイオニア5~9号、E
小分類:太陽・深宇宙探査
開発機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:パイオニア5号(1960年3月11日)/パイオニア6号(1965年12月16日)/パイオニア7号(1966年8月17日)/パイオニア8号(1967年12月13日)/パイオニア9号(1968年11月8日)/パイオニアE(1969年8月27日)
運用停止年月日:パイオニア5号(1960年6月26日)/パイオニアE(1969年8月27日)
打ち上げ国名:アメリカ
打ち上げロケット:パイオニア5号:ソア・エイブル/パイオニア6〜9号/E:デルタE(TAD)
打ち上げ場所:ケープカナベラル空軍基地
国際標識番号:パイオニア5号(1960001A)/パイオニア6号(1965105A)/パイオニア7号(1966075A)/パイオニア8号(1967123A)/パイオニア9号(1968100A)

パイオニア5号から9号までのシリーズは、太陽系内の空間と太陽自身を調査するため打ち上げられた探査機で、地球と同じく太陽を回る人工惑星軌道に乗せられました。パイオニア5号は、地球金星の間に当たる0.8061×0.995AU(天文単位)の軌道に打ち上げられ、パイオニア6号も0.814×0.985AUの軌道に、9号は0.75×1.0AUの軌道に乗りました。パイオニア7号は、地球火星の間の1.010×1.125AUの軌道に送られ、8号も1.0×1.1AUの軌道に乗りました。
パイオニア探査機は、これらの軌道から、太陽から流れ出す粒子である太陽風や、太陽の爆発的活動のフレアなどを観測し、太陽の活動を地球に伝えてきました。なお、パイオニア10号になるはずの探査機は打ち上げに失敗して、パイオニアEと呼ばれています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
パイオニア6号は、直径1m、高さ0.9mの円筒形をしています。打ち上げ時の重量は63kgです。

2.どんな目的に使用されたの?
太陽系空間の磁場、放射線、微小隕石などの観測です。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
太陽風太陽フレアなどのデータ送信です。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?
パイオニア5号はソア・エイブル、パイオニア6~9号はデルタ・ロケットによって打ち上げられ、地球と同じ、太陽を回る人工惑星軌道に乗せられました。