JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

プレセツク射場

シェア

関連情報

分類:宇宙開発機関
名称:プレセツク射場(Plesetsk Space Center)
小分類:打ち上げ射場
国名:ロシア
所在地:アルハンゲリスク州
設立年月日:1957年

プレセツクは、1990年代初頭までは世界で最も打ち上げ回数の多い打ち上げ射場でした。1,700km2を超える広大な施設には6ヵ所以上の打ち上げ施設と11基以上の打ち上げ射点があり、1993年頃までは年間50回を超える打ち上げが行なわれていました。東西緊張緩和により軍事衛星の打ち上げが激減しましたが、それでも年間20~30回の打ち上げが行なわれており、1998年末までに1452回の打上ちげを記録しています。プレセツクは元々弾道ミサイルの試験場で、1966年から軍事衛星の打ち上げが始まると北部宇宙基地と呼ばれるようになりました。現在、プレセツクから打ち上げられているロケットはコスモス3M、スタールトソユーズモルニヤ、ゼニット、ツィクロン3などで、施設内には飛行場や打ち上げ追跡センター、そしてヨーロッパでは最大規模の酸素液化工場が併設されています。

1.どのような組織になっているの?
ロシア国防省宇宙軍の管轄下にあります。

2.地図上ではどの辺にあるの?
白海に面したロシア・アルハンゲリスク州の南に位置し、北極圏までは数100kmありますが、緯度は、北緯62度48分と最も高緯度の射場です。経度は、東経40度6分、打ち上げ傾斜角は59〜83度です。

3.これまでに打ち上げたロケット人工衛星は?
ロケットは、ヴォストーク、ソユーズ、コスモス、モルニヤ、チクロン、プロトン、ゼニットがあります。
人工衛星は、ゼニット監視衛星、コスモス航法衛星、DS軍事衛星、IS-P ASAT(対衛星)衛星、メテオール気象衛星、ストレラ通信衛星、モルニヤ通信衛星、パルス航法衛星、SRET技術衛星、オコ早期警戒衛星、ツェリナELINT(電子情報)収集衛星、ビオン生物研究衛星、ヤンタール監視衛星、インテルコスモス/AUOS技術衛星、マジオン磁気圏衛星、インテルボル磁気圏探査衛星、マイクロサット磁気圏探査衛星、ラジオ・スプートニク通信衛星、オケアン・レーダー衛星、レスウス地球観測衛星、フォトン資源探査衛星、ゴネット通信衛星、ゲオ測地衛星、ナデズダ航法衛星、トゥブサット技術衛星、ソユーズ有人衛星、TKS有人衛星などがあります。