JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

測位衛星

シェア

関連情報

ナビゲーションシステムに利用される「航行・測位衛星」

位置を確認するための人工衛星です。地球の周回軌道上に複数の衛星を打ち上げて、それぞれの人工衛星からの電波を受信することで、自分の位置を確定するナビゲーションシステムなどに利用されています。船舶や航空機は測位衛星のGPSを使って求めた位置情報を利用し、レーダのない海上でも高度な航空管制が可能になっています。自動車や携帯電話を使ったナビゲーションシステムや、測量分野、海洋資源の探査、安全保障に関わる情報収集など、広い分野で利用されています。

GPS機能の利用が拡大する中で、自動車や携帯電話に搭載されたGPS機能など、測位衛星を使った測位情報は私たちの暮らしに欠かせないものになっています。2010年に打ち上げられた準天頂衛星「みちびき」は、GPS衛星群による測位を1.補完(衛星測位には4つ以上のGPS衛星からの信号を同時に受信する必要がありますが、「みちびき」はそのひとつの役割を果たすことで、測位が更に便利になります。)、2.補強(測位精度の工場に必要な情報を「みちびき」から利用者に発信します。)の2つの目的を持っています。

「みちびき」は現状では、あくまでもGPS衛星群と一体となった衛星ですが、「みちびき」同様の準天頂軌道に3~4機、静止軌道上に3~4機の測位衛星を配置すれば、GPS衛星群に頼らないで、日本はじめ東アジア、オーストラリアをカバーする地域限定の衛星測位システムを構成することができます。