JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

らしんばん座

シェア

関連情報

分類:星座/神話

名称:らしんばん座(羅針盤座)
学名:Pyxis
小分類:南半球
構成する主な星雲、星団、恒星:−
神話の主な登場人物:アイソン/イアソン/ペリアド/アイエテス/メディア
日本で観測できる時期:2月~5月の約4ヵ月間
見ごろの季節:冬(20時正中は4月上旬)

古代ギリシャ時代に、船をかたどって作られた「アルゴ座」の一部で、近世に大きすぎるという理由で4つに分割された星座です。しかも最初は「ほばしら座」という名前で、後に「ピュクシス・ナウティカ(航海用の箱)」すなわち、らしんばん座に名前が変わりました。星座自体は暗くて小さく、決まった形を見つけにくいですが、天の川の中にあり、観測上は華やかな場所です。

1.見つけ方のポイント
とも座の東どなり、ほ座の北に、3個の4等星がやや折れ曲がって並んでいる場所があります。そこがらしんばん座です。暗い星ばかりですので、決まった形は見つけにくいでしょう。

2.神話の内容について
イオルコスの王アイソンの息子イアソンは、叔父ペリアドに国を乗っ取られます。成長したイアソンは、叔父に国を返すよう求めますが、逆に、黒海の奥のコルキス王国の王が持つ、金色の羊の皮を持ってくるよう要求されます。イアソンは巨船アルゴ号を建設し、50人の勇者を乗せて船出します。航海の間は執に苦難に襲われますが、無事にコルキス王国へ到着。しかしコルキス王アイエテスは、草原にいる3頭の火を吐く雄牛に荒れ地を耕させ、竜の歯をまいて、そこから生えてくる沢山の兵士達を全員槍で突き殺せ、と難題を持ちかけました。イアソンは王女メディアの助言で、兵士たちに同士討ちをさせ、金色の羊の毛皮を持ち帰ることに成功し、叔父ペリアドを倒して王となりました。らしんばん座は、このアルゴ船を星座にした「アルゴ座」の、羅針盤の部分を独立させた星座です。元は「ほばしら座」といい、アルゴ船の帆柱をかたどったものとされていました。

3.同じ時期に見える星座について
らしんばん座は、もともとアルゴ座の一部でしたので、西のとも座、南の地平線すれすれに現われる、りゅうこつ座ほ座と一緒に見えます。また北には、おおいぬ座こいぬ座いっかくじゅう座があり、西には、うさぎ座はと座なども見えます。さらに東には、ポンプ座うみへび座なども見ることができます。

4.主要都市での観測について
アルゴ座の中では比較的北に位置するので、一応本州でも、南の水平線上に全体像を見ることができます。

※参考文献:「星座クラブ」沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑」藤井旭著(成美堂出版)、「星座・夜空の四季」小学館の学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行」瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド」沼澤茂美、脇屋奈々代著(ナツメ社)