JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

レッドストーン

シェア

関連情報

分類:ロケット

名称:レッドストーン
打ち上げ国名・機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
開発機関・会社:アメリカ陸軍弾道ミサイル局(ABMA)
運用機関・会社:アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ場所: ケープカナベラル空軍基地
運用開始年: 1960年
運用終了年: 1961年

レッドストーンは、第二次大戦後にアメリカにわたったウェルナー・フォン・ブラウン博士らドイツ人のロケット技術者が中心になって、アラバマ州ハンツビルの陸軍弾道ミサイル局(ABMA)で開発したロケットです。陸軍の中射程弾道ミサイルとして1950年に開発が始まり、1958年に実用化しました。レッドストーンは宇宙開発にも利用され、上に固体ロケットを追加した4段式のジュピターCとしてアメリカ初の人工衛星エクスプローラー1を打ち上げたほか、本来の1段式の形でマーキュリー有人宇宙機の打ち上げにも使われました。

1.どんな形をし、どんな性能を持っているの?
液体推進剤の1段式ロケットで、胴体は円筒形で先端が円錐形にとがり、後部には4枚の尾翼が付いています。全長は25.3m(マーキュリー宇宙機共)、直径1.78mで、離床重量は29.9tになります。1基だけのロケット・エンジンは、エチルアルコール(水25%を混合)と液体酸素を推進剤として、35.4tの推力を発生させます。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
マーキュリー・カプセルの打ち上げでは、エンジンは150秒間燃焼し、宇宙機を約2.3km/sまで加速します。レッドストーン・ロケットから切り離されたマーキュリー宇宙機は、弾道を描きながら高度186kmまで上昇して降下、大気圏に再突入して発射台から486km離れた大西洋上に着水します。

3.どんなものを打ち上げたの?
マーキュリー有人無人試験機とチンパンジーを乗せた試験機を打ち上げた後、1961年5月5日にはアラン・B・シェパード宇宙飛行士の乗った"フリーダム7"(MR-3)カプセルを高度186kmまで打ち上げるのに成功しました。同年7月21日には、V・I・グリソム宇宙飛行士の乗った"リバティー・ベル7"(MR-4)を同じように弾道飛行させました。

4.どのくらい成功しているの?
1960年11月のマーキュリー・カプセルの最初の無人打ち上げでは、離床直後にエンジンが停止しましたが、その再打ち上げを含めた3回の無人打ち上げと、2回の有人打ち上げは、いずれも成功しています。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
ジュピターC(ジュノーI)があります。