JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

でんぱ

シェア

関連情報

分類:人工衛星

名称:第2号科学衛星「でんぱ」(REXS)
小分類:科学衛星
開発機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1972年8月19日
運用停止年月日:1972年8月22日
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:M-4S
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)
国際標識番号:1972064A

でんぱは電波観測衛星です。太陽系全体を満たしているプラズマの研究を目的に、プラズマ波、プラズマ密度、電子粒子線、電磁波、地磁気などの観測を行なう目的で開発され、打ち上げられました。
しかし、打ち上げ3日後の26周目の高電圧電源投入時に高電圧放電が発生し、過電流に弱いICやトランジスタの多くが損傷して、ほとんどすべての搭載機器の動作が異常になってしまいました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
筒型をしており、重量75kgです。

2.どんな目的に使用されるの?
地球を取り巻く電離層から、磁気圏にわたる領域の電磁波現象を、汎世界規模で観測するという目的です。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
3日間の科学観測データ送信の後、高電圧放電によって機能が停止しました。

4.どのように地球を回るの?
高度6,570kmから250km、傾斜角31度の楕円軌道です。

※参考文献:大林辰蔵・監修「日本の宇宙科学1952→2001」東京書籍、斎藤成文「日本宇宙開発物語」三田出版会