JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ロケットの制御

シェア

関連情報

計算機からの指令で、ロケットの姿勢や飛行方向を変えるのが「制御」

計算機からの指令にもとづいて、主にロケットの姿勢や飛行方向を変えることを「制御」(せいぎょ)といいます。風などの影響を受けずに、ロケットを安定して飛ばすために、つねにカジとりをしています。

ロケットによりさまざまな、制御方法のしくみ

ロケットの速度や飛行方向の制御には、翼を動かす「空気翼法」や「噴流翼法」、副エンジンを使って制御する「副エンジン法」や機体からガスを噴射して制御する「ガスジェット法」など、いろいろな方法があります。

翼を動かして舵とりをする「空気翼法」

翼(つばさ)を動かして舵(かじ)をとって、制御します。

翼で噴射ガスの方向を変える「噴流翼法」

ノズルの中の翼を動かして、噴射ガスの方向を変えることによって制御します。たとえば、翼を左に動かすと、ガスの一部が左へ噴射し、ロケットの尾部を右に押す力がはたらいて、ロケットは左に向きます。この方法は、かつてV2号に使われましたが、現在はほとんど使われていません。

ノズルに気体や液体を吹き込む「2次噴射法」

ノズルの中に気体や液体を吹き込んで、噴射ガスの方向を変えることによって制御(せいぎょ)します。この方法は、固体燃料ロケットによく使われました。M(ミュー)3S型ロケットでは、1段と2段目のノズルに、この装置が使われました。

エンジンやノズルを動かして制御する「首ふりエンジン法」

メインエンジン全体、またはノズルを動かして方向を変えて制御します。ノズルの向きを動かす方法は、スペースシャトルのメインエンジンと補助ブースターに使われています。

小型エンジンを噴射する「副エンジン法」

主エンジンとは別に取り付けられた小型エンジンを噴射して方向を変え、制御(せいぎょ)します。

ジェットガスを噴射する「ガスジェット法」

ロケット機体の横に取り付けられたガスジェットを噴射して方向を変え、制御します。