JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

ロケットはなぜ飛ぶ?

シェア

関連情報

ロケットは風船と同じしくみで飛ぶ

いっぱいにふくらませたゴム風船は、手をはなすと空気を吹き出しながら飛んでいきます。このとき風船を動かしているのは、空気を吹き出した反動による力で、これを「推力」(すいりょく)といいます。推力は、空気が吹き出される向きとは反対の方向にはたらきます。ロケットが飛ぶ原理もこれと同じで、ロケットはエンジンの中で高圧の燃焼ガスを大量につくり、それを後ろに高速で噴射(ふんしゃ)することによって、前に進む力を得ているのです。

「燃焼室」で燃やしたガスを「ノズル」で噴射する

ロケットには、燃焼室とノズルがあります。燃料を燃焼させてガスをつくるところが「燃焼室」で、燃焼室でつくられた高温・高圧のガスを噴射するところが「ノズル」です。ラッパのような形をしているノズルは、吹き出されるガスの速度を速めるはたらきをしています。空気のない宇宙で燃料を燃やすためには、酸素などの酸化剤(さんかざい)が必要です。ジェット機のジェットエンジンでは、酸化剤として空気中の酸素を取り込んでいます。ロケットには、空気のない宇宙を飛ぶため、燃料のほかにあらかじめ酸化剤も積み込まれています。