JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

S-310

シェア

関連情報

分類:ロケット
名称:S-310
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
開発機関・会社:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(内之浦)、南極昭和基地

S-310は全長約7.8m、直径31cmの小型ロケットで、1975年から使われている歴史の長いロケットです。飛行時間は約300秒で、高度約190kmに到達する能力を持っており、南極のオーロラをはじめ、地球上層大気の観測用に使われています。このロケットは南極用として開発が進められ、昭和41(1966)年秋の第1回実験では高度160kmに到達しました。その後、機体の振動により打ち上げに2度失敗しましたが、尾翼を傾け、機体を回転(スピン)させることで安定するようになりました。
機体(チェンバー)はクロムモリブデン鋼製、尾翼はチタン製で、ブタジエン系推薬を使用しています。1号機は1975年1月に打ち上げられ、その後現在の30号に至るまで、鹿児島県内之浦から11帰南極の昭和基地から7機が打ち上げられ、地球上層大気の研究に役立っています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
直径31cm、全長7.8m、重さ0.8tの細長い単段式ロケットで、60kgの実験装置を積み込めます。機体チェンバーはクロムモリブデン鋼、尾翼はチタンの一枚板でできており、推薬はブタジエン系の固体燃料です。飛行時間300秒、最高高度は190kmで、上層大気の観測を行います。

2.打ち上げや飛行の順序はどうなっているの?
ブタジエン系推薬に点火して発射します。発射後約30秒で推薬をすべて燃焼し、約50秒後に機体の横回転(スピン)を抑えるためのヨーヨーデスピナが作動します。発射後約3分で最高高度に到達、観測装置を作動させながら5分後に発射地点から150km程度離れた地点に落下します。

3.どんなものを打ち上げたの?
大気、オーロラ観測用の分光器や窒素振動温度測定器、プラズマ測定器などの科学実験機器や、小型レーダ、小型テレメータなどを打ち上げています。

4.どのくらい成功しているの?
1975年1月に第1号機を打ち上げた後、2002年2月6日に打ち上げられた30号までで、鹿児島県内之浦から11帰南極昭和基地から7機が打ち上げられています。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
S-210、S-520があります。