JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

S-520

シェア

関連情報

分類:ロケット

名称:S-520
打ち上げ国名・機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
開発機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ場所:日本・鹿児島宇宙空間観測所(KSC)
運用開始年:1980年

宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))が現在用いている観測ロケットは、主としてMT-135型、S-310型、S-520型の3種類です。各種工学試験等のほか、大気物理学、地球物理学、天文学など広い分野にわたった科学観測がなされていますが、MT-135型はオゾン層、S-310型は中層大気、S-520型は高層大気の観測に使われています。1年のうち1、2月と8、9月の2期に分けて、打ち上げ実験がおこなわれていて、近年の打ち上げ機数は年間で計5~6機です。最新型のS-520型ロケットは、世界最高水準の単段式観測ロケットで、約150kgの観測機器を高度約350kmまで運ぶことができます。また、鹿児島宇宙空間研究所からの打ち上げのほかに、ノルウェーのアンドイヤ基地からも打ち上げられています。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
S-520型ロケットは、新鋭の単段式観測ロケットです。全長は8m、直径は0.52m、全重量は2.1トン。そして、搭載重量は約150kg、到達高度は約350kmとなっています。前側の推薬が初期に燃えつきるようにワゴンホイール型とし、2段推力を実現しています。また、機器回収実験にも成功しています。

2.どんなものを打ち上げたの?
S-520型ロケットは、約150kgの観測機器を搭載することができます。

3.どのくらい成功しているの?
S-520型ロケットの1号機は1980年に打ち上げられ、高度330kmまで上昇しました。1号機はいちおうの成功を収めましたが、燃焼末期に著しく姿勢が乱れたため設計変更がなされました。そして、1981年に打ち上げられた2号機は正常に飛翔し、このS-520型は現在も活躍中です。

4.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
1965年、新南極船「ふじ」の就航にともない、わが国の南極観測事業は規模が拡大し、国立極地観測所によって、南極のオーロラ観測が計画されました。そして、1969年8月にS-210JA型が内之浦での打ち上げ実験に成功、1970年2月10日にはS-160JA型1号機が南極から発射しました。南極観測におけるロケット打ち上げの合計は57機で、その内訳は、S-160JA型が4帰S-210JA型が31帰S-310型が12帰MT-135が10機です。

※参考文献/大澤弘之・監修「日本ロケット物語」三田出版会・発行、斎藤成文・著「日本宇宙開発物語」三田出版会・発行、山中龍夫・的川泰宣・著「宇宙開発のおはなし」日本規格協会・発行