JAXA | 宇宙情報センター SPACE INFORMATION CENTER

メニュー

メニュー

さきがけ

シェア

関連情報

分類:惑星探査
名称:試験惑星探査機「さきがけ」(MS-T5)
小分類:彗星・小惑星探査
開発機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関・会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げ年月日:1985年1月8日
運用停止年月日:1999年1月7日
打ち上げ国名・機関:日本・宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
打ち上げロケット:M-3SII
打ち上げ場所:鹿児島宇宙空間観測所(KSC)

さきがけは、日本で初めて地球重力圏から脱出して太陽を周回した人工衛星です。
1985年、76年ぶりに回帰してきたハレー彗星の探査のために打ち上げられました。太陽風イオン観測器と飛翔体試験装置を搭載して、のちに打ち上げられたすいせいとともに1986年3月、ハレー彗星を観測しました。

1.どんな形をして、どんな性能を持っているの?
円筒形をしており、上面に楕円形のアンテナが取り付けられています。重量は138kgです。

2.どんな目的に使用されたの?
さきがけはハレー彗星を観測する技術修得をするために開発されました。

3.宇宙でどんなことをし、今はどうなっているの?
あとから打ち上げられたすいせいとともにハレー彗星に接近して観測し、貴重なデータをもたらしました。

4.打ち上げ・飛行の順序はどうなっているの?

軌道図
軌道図

図を参考にしてください。

※参考文献/大林辰蔵・監修「日本の宇宙科学1952→2001」東京書籍、山中龍夫・的川泰宣・著「宇宙開発のおはなし」日本規格協会